ルートアイス実践山行


 

夏には羽虫が飛び交い、時には大動物の姿も見せる生命に溢れた渓の自然も一転。厳冬の冬には水の動きを止める、生命の生存を許さない厳しい自然環境に移り変わります。夏の喧騒が嘘のように、まるで時を止めたかのような静けさ。凍りついた水の道がどこまでも天高く伸びる冬の渓を旅する。それがルートアイスです。

実に美しい大自然の芸術を攀じ登る行為は経験を積んだクライマーにだけ許されるもの。この経験の積み重ねは、現場でしっかりと技術指導を受けながらでないとなかなか身につくものではありません。

 

.

ルートアイス実践山行は、アイスクライミングで問題無くリードできる方、マルチピッチクライミングを行える方を対象に、ルートアイスの実践山行を実施します。
まずは氷壁における支点構築の在り方、ピッチの流れ、Vスレッドによる懸垂支点構築などの基礎技術を学習します。プアな氷に支点を構築する上で、確保理論に沿った支点設置の在り方を知る必要があります。また懸垂下降の求められるVスレッドにおいても、その特性を理解し、素早く安全に設置する技術が求められます。

これらの基礎知識をまずはしっかりと学習して頂きます。

 


基礎を学んだ後に、2度に渡って実践山行を実施。学んだ基礎技術を活かしながら、厳冬の氷瀑に挑戦してもらいます。

どちらも入門的ルートにはなりますが、厳しい寒さの厳冬の八ヶ岳において決して易しい山行にはなりません。あらゆる山行の中でも特に難易度の高い山行形態となるため、参加人数は4名に限定させて頂いております。その分、しっかりと濃密な学習時間をお約束します。

 

凍った氷の道を辿って上へ上へと目指すルートアイスは、それを体験したものにしか味わえない圧倒的な達成感を得ることができます。憧れの世界はもうすぐそこに。この冬、是非ルートアイスを学び、自分達自身で道を切り開きましょう!!

 

 


募集要項


 

~ 2022年 ルートアイス実践山行スケジュール ~

 

 

1月10日 河原木場沢: ルートアイス基礎講習

1月15日-16日  裏同心ルンゼ:入門ルートアイス実践

2月12日-13日  広河原沢左俣:初級ルートアイス実践

 

 

~ アクセス ~

 

渋谷駅からの送迎車が出ます。また現地までマイカーでご参加頂いても構いません。

集合場所はどちらをご選択頂いた場合でも料金は変わりません。講習の都度、集合予定地を確認致します。

※ 道路状況によって遅れが生じることがあります。予めご了承下さい。また集合時間に遅れる場合には、必ずご一報願えますようお願い致します。

 

送迎車を利用する場合

ジャパンレンタカー渋谷公園通り店  7:00 集合

 

マイカー参加、及び現地液集合希望者 青柳駅 9:30 集合

※ マイカー参加の方も青柳駅前の駐車場に駐車して下さい。


 

 

~ 講座受講料 ~

 

受講料:150,000円(税別) 

お支払い方法:銀行振込・クレジットカード決済

 

 

~ 講座期間 ~

 

2022年1月~2022年2月 【 締切 2022年1月7日(金)  19:00 】

 

 

~ 参加条件 ~

 

◯ マルチピッチクライミングのシステムを理解していること

◯ アイスクライミングのリードでⅣ級を確実に登れること

◯ アイススクリューの設置技術を習得していること

◯ バックアップシステムを設けた懸垂下降が行えること

◯ 懸垂下降途中からの登り返しが行えること

◯ コースタイム以上で歩けること

◯ 遭難対策費用300万円以上の保険に加入していること

◯ 必要装備を用意できること

◯ Facebookアカウントを有すること

 

※ 連絡事項は Facebook Messenger を通じて行っております。

 

 

~ 必要装備 ~

 

・冬季登山靴(必ず中綿が入った登山靴を用意してください。)

・12本爪アイゼン(ワンタッチ、又はセミワンタッチ式アイゼンを指定します。バンド式は不可とします。アイスクライミング用縦爪アイゼンを推奨します。)

・アイスアックス(ルートアイスの場合、ハンドル形でないアイスアックスを推奨します。)

・ヘルメット(クライミング用のものに限定します。購入から3年以内のもの。)

・クライミングハーネス ( レッグループ式ハーネスに限定します。購入から5年以内のもの。)

・ビレイデバイス ( ルベルソなど、ダイレクトビレイに対応したビレイデバイス )

・セルフビレイコード ペツル コネクトアジャストメトリウス ダイナミックPAS など、ダイナミックロープを使用したものを推奨 )

・120~240cm スリング × 1 エーデルリッド テックウェブスリング を推奨。支点構築用 )

・60cm スリング × 4~6 ベアール 6mmダイニーマチューブラースリングを推奨。6本ご用意頂く方は、内2本を120cmにしておくと便利です。主に中間支点用 )

・6mm × 150cm アクセサリーコード ( フリクションコードとして使用 )

・7mm × 7m アクセサリーコード( 補助ロープとして使います )

・アッセンダー

・サブゲート式HMS型安全環付きカラビナ × 2 エーデルリッド HMSストライクスライダーFGなど、ビレイデバイス用、及びセルフビレイコード用 )

・HMS型安全環付きカラビナ エーデルリッド HMSストライクスライダー を推奨。補助ロープ携行、及びビレイデバイスのバックアップ用 )
・変形D型安全環付きカラビナ × 4 エーデルリッド ピュアスライダー を推奨。自由に使える状態にしておきます )

・変形D型ワイヤーゲートカラビナ × 8~12 ( 中間支点用。2色に分けることを推奨します。上記60cmスリングと組み合わせて使用します )

・冬季用手袋(ビレイ様に厚手のダウンミトン、登攀用に薄手のナイロングローブなどと分けると快適です。インナーグローブの替えも必ず用意しましょう。)

・ゲイター(足首からの雪の侵入を防ぐスパッツをご用意下さい。インナースパッツでも可。)

・サングラス(照り返しにより網膜が損傷を受けます。サングラスを用意しましょう。)

・ゴーグル(森林限界を越えた山域での強風時に必要となります。毎回必ず携行します。)

・バラクラバ(ニット帽とネックウォーマーの組み合わせでも可。)

・その他、雪山登山に適した服装(ポリエステルやウールのアンダー、防水透湿素材の上下アウターなど)

・ショベル(雪山登山用のものをご用意下さい。毎回必ず携行します。)

・プローブ(長さ、素材は問いません。毎回必ず携行します。)

・ビーコン(機種は問いません。毎回必ず携行します。)

・ビバークシェルター(ツェルトやタープなど、緊急時に設営できる軽量なシェルターを用意して下さい。幕営希望者は別途テントも用意しましょう。)

・寝袋(緊急時に備え、軽量コンパクトなものを用意して下さい。幕営希望者は、十分な保温力のものを用意しましょう。−20℃を下回る場合もあります。)

・スリーピングマット(保温において寝袋より重要度が高くなります。R値4以上の保温力が高いものをご用意下さい。幕営希望者はR値5以上を推奨。)

・ヘッドライト(必ず予備のバッテリーも含めてご用意下さい。)

・バックパック(一泊二日程度であれば50L程度もあれば納まります。大きすぎると風に煽られやすくなるので注意しましょう。)
・浄水器(水作りを行う場合、浄水器のご用意を推奨します。近年は雪にもマイクロプラスチックが混入するようになったそうです。)

・その他登山装備一式(防寒着、アンダーウェアの替え、ファーストエイドキット、トイレットペーパー、ゴミ袋、他)

・幕営具 ( 幕営希望者限定。テント、寝袋、スリーピングマット、調理器具など。 )

・食料・飲料(夜に外食を希望される方は不要です。外食を行わない方は初日夕食、翌日朝食を用意して下さい) 

 

※ わからない場合ご相談下さい。

 

 

~ 遂行人数 ~

 

最低遂行人数 2名 / 最大遂行人数 4名

 

 

~ 企画の中止 ~

 

最低遂行人数に達しない場合、全額返済の上、全カリキュラムを中止とします。

大雨時は中止します。(原則として講習一日あたり15,000円の返金を行います。)

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

開始日の30日前~15日前:利用料金の50%

開始日の14日前〜8日前:利用料金の80%

開始日の7日前〜当日:利用料金の100%

 

 

~ 宿泊について ~

 

旅行業法の関係上、宿泊費、テント場代は各自現地にてお支払い下さい。また山小屋(赤岳鉱泉)へのご予約も、ご参加者様各自にてお願いしております。予めご了承願えますようお願いします。(小屋泊希望、テント泊希望の旨は事前にお知らせ下さい。)

 

 

~ 補償について ~

 

ステップアップ実践山行は、本格的な登山の経験を積み重ねる講習カリキュラムです。通常の講習よりも死亡、障害の残る受傷のリスクが高くなることを予め御理解の上ご参加下さい。受講中のあらゆる事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。基本的に Kuri Adventures における一般利用規約に準じます。詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。但し、企画の中止に関する項目、キャンセルに関する項目、保証に関する項目、保険に関する項目は当ページの内容を優先致します。

 

 

~ 保険について ~

 

実際に深い山の中に入っての実践を行う為、遭難事故発生時には遭難捜索、及び山岳救助が求められる場合があります。
遭難対策費用300万円以上の保険にご加入頂く他、傷害保険、生命保険などへのご加入も推奨致します。

 

 

 

~ ココヘリについて ~

 

ステップアップ実践山行では、万が一の滑落、行方不明に備え、ココヘリの加入を義務付けています。参加される方は必ず事前にココヘリに加入して下さい。ココヘリはヘリコプターでの捜索サービスに加え、万が一の事故発生時における損害賠償責任補償、山行中に装備品を壊してしまった場合における補償なども含まれています。同行者を怪我させてしまう事態も想定されますことから、加入を義務化しました。ご理解、ご協力のほど宜しくおねがいします。 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

□ 銀行振込( 1/7 までにお振込み下さい)

※ この講習は期間カリキュラム型講習ですので、現金払いは承れません。クレジットカード、銀行振り込みのみとなります。


ルートアイス実践山行

 

※ 講座途中からのご返金は一切承っておりません。御理解の上、ご参加下さい。

※ 予約を持って利用規約、及び当ページに記載の特例規約にご承認頂いたものとします。

※ お支払いは銀行振込、クレジットカード決済のみとなります。

 

¥ 150,000 (税別) ( 税込 ¥ 165,000 ) 

【予約内容】
 2022年 ルートアイス実践山行 

・カートに入っている商品を確認する。


.