薮岩登山 実践山行

今までに様々な講習や書籍で登山技術向上のため、知識を増やしてきた方は多いでしょう。講師の方から教わり、書籍や動画を見て自宅で一生懸命に練習を積み重ねて、「知識もついたし、練習も重ねたし大丈夫!」と思いますよね。

しかしながらいざ、今までの山よりも少し難しい山に出向こうと思った時、少しだけ不安や心配が心にあるのはなぜでしょうか。

誰か他の人と一緒に行くならまだしも1人で行こうとした時や、自分が登りたい山であればあるほど、その心配はより一層大きくなります

 

その心の引っかかりの理由の一つに山での実践経験不足が挙げられます。

 

不安を押し切って山に行くのも経験としてはいいと思います。うまく行くこともあります。しかしながら、自分が予期せぬ事態や登山道に出くわした時に対応できない場合、焦りや不安から引き起こされる転滑落や更なる道迷いに繋がってしまいます。

そのような場合やはり、登山でも本番のための練習が必要になってくるのです。

 

では薮岩登山とはどのような登山スタイルなのでしょう?

一見とても渋そうですよね(笑)

多くの藪山は標高は1,00m前後の低山であり、人は多く入っていません。

 

そのため藪山には整備された道がありません。一般登山道のように『歩いていれば山頂に着く』という訳ではなく、

地図を読みながら自分の現在位位置を正確に把握して、『登りやすそうな道を自分で判断して歩く』という事が前提となってきます。ルートファインディングは必須です。

 

生い茂った木々の中、目を凝らしながら目印や踏み跡を探す行為はや、地図を片手に正しい道を歩くことは冒険的な宝探しのようです。そしてこの行為は自宅の練習では決して行うことができません。山の中でしか行えない練習なのです。

 

そしてその都度直面する岩稜や岩場、ザレ場など様々な自然地形に対して自分自身で考えて登ります。

 

バリエーション登山の一歩手前という位置付けが分かり易いかと思います。

してがって、これからバリエーション登山を行いたい人にとっては、本番のための練習や、自分の技術定着を行う場としては最適の場であるのです。

 

そしてこの実践山行ではもちろん皆さんが主体となって行います。自分で考えて山に登ることによって ”自立した登山者” に成長するためです。今までに学んできたことを実際に山にて実践し、技術として定着させることを目的としているのです。

 

そしてこのページを見た様々な人がこの実践山行に参加するわけですから、今までに出会ったことのない人たちと山に登るということです。初めましての方々と山に登ることは、なんだか不思議な感じもしますが、実はとても価値あることだと感じます。

 

人によって山に対する想いや価値観、技術、知識などは様々です。今まで自分が触れなかったような考えや人に出会い、話を交えるということだけでも、今よりも山の世界観は広がると思います。

 

今後様々な山に挑戦したい方や、今よりも登山の世界観を広げたい方など、自分のステップアップの場として是非参加してみてはいかがでしょうか。 

 


毛無岩

 

西上州の南牧村に位置する標高1,300mの毛無岩!沢沿いの道をルートファインディングを行いながらピークまで詰め上がります!特に展望の良い山頂直下や下山道は草や木の根を頼りに急勾配の痩せた岩稜を歩くので一瞬たりとも気が抜けません。藪山で行う野生的な登山によって、実践経験を積みましょう!

体力難易度 ☆☆☆ / 技術難易度  ☆☆



碧岩

 

西上州のマッターホルンこと碧岩。別名の通りその山容は尖っており切れ落ちた岩壁がなんとも豪快で目をひきます。またゴジラの背のような大岩。こちらは山頂まで続く迫力のある岩稜が印象的です。両方標高1,00m程度の低山ですが地図には危険箇所が付けられており、日帰りでもトップクラスの山行を行う事ができます!

 

体力難易度 ☆ / 技術難易度 ☆☆☆



焼山

 

複雑に入り混じった踏み跡の中、地図を片手にあちらこちらと彷徨い歩き、木や根を手がかりに急登をよじ登る。まるでお手本のような藪山登山を行えるのが焼山です!正直かなり渋い登山になりますが、自分自身で考えて登るため非常に頭と体力を使います。山での技術を上げるには格好の場なのです。そのような場所で、今までに講習で習った知識を技術として取り入れましょう!

 

体力難易度 ☆☆☆ / 技術難易度 ☆☆ 



鹿岳

 

一ノ岳と二ノ岳、二つのピークをもつ鹿岳。一ノ岳山頂からの展望はとても良く、西上州の山々を見渡す事ができます。そんな鹿岳にて実践山行を行います!やはり西上州の山なだけあって稜線に出てからは所々危険箇所も出てきます。藪山では珍しく展望も良いです!今まで学んできたことをアウトプットしていき、技術として定着させましょう! 

 

体力難易度 ☆☆ / 技術難易度 ☆☆