天狗岳


夏山に比べると積雪や凍結などで転滑落の危険性が増えてきます。また雪崩や低体温症、ホワイトアウトなど雪山ならではのリスクもつきものです。このようにリスクの大きい雪山登山を一人独学で始めていよいものか悩む方は多いのではないでしょうか。

 

また講習を受講したり、書籍を読み込んで知識は十分に得たはずなのに、いざ実際に雪山に行こう!と思うと自信や好奇心の他に少しだけ不安や緊張が入り混じります。走行しているうちに雪山からは足は遠のき、シーズンが終わってしまうなんて勿体無いです!

 

「雪山登山を始めたいけど、相談できる人や登山友達もあまりいない」という方は、初めは経験者の方と初歩的な雪山登山に行くことをお勧めします。 まず初めは雪山とはどう言う山なのかを入門向けの山から体験することがおすすめです。ハイキングのような気軽に楽しめる山が良いかと思います。短時間でも雪の中を歩くことによって、雪山の歩きにくさ、寒さ、荷物の重さなど感じることができるでしょう。

 

その次はメジャーな山に挑戦したいですよね!できれば夏山でも人気があるような、景色が良い山。

八ヶ岳の天狗岳はどうでしょうか?

登山口から宿泊地である黒百合ヒュッテへのアクセスも良好であり、雪を被った木々の道を楽しむことができます。特別険しい登山道もなく、初心者の方でも安心して歩くことができます。

 

黒百合ヒュッテから山頂までは開けた登山道を歩き、実際に夏道と冬道の違いを感じながら山頂を目指しましょう。景色や道が違うのはもちろんのこと、八ヶ岳は冬の寒さがとても厳しいです。冬ならではの冷たい空気を感じながら山頂を目指してみませんか?夏とは違う少し特別な景色が待ってます。

 

雪山は焦らず徐々にレベルを上げていきましょう!それに必要なことは十分な雪山経験です。雪道を歩く歩行技術から始まり、夏やま装備よりも重たい冬山装備をもつ体力、滑落や強風に対応するための基本的な訓練などなど。覚える技術や知識はたくさんあります。それらを一気に詰め込むのではなく、確実に一つ一つ身につけていきましょう!

 

雪山で体験したことは次の登山へとつながります。今回天狗岳で体験したことは、天候・積雪・雪の状態など日々変わる次の雪山への良い経験となるでしょう。

 

~ 日程 ~

  

・2023年1月28日(土)〜29日(日) 【締切 1/25 (水) 19:00】

・2023年2月14日(火)〜15日(水) 【締切 2/11(日) 19:00】

  

 

~ 参加条件 ~

 

◯ 指定装備をしっかりとご用意頂ける方

◯ コースタイム通りに歩ける方

◯ 夏山登山経験 2年以上 または 20日以上

◯ 積雪の低山経験 5日以上

 

 

~ タイムスケジュール ~

 

  1日目

 

07:00 新宿駅 新宿の目 集合

11:00 唐沢鉱泉登山口駐車場 集合

11:20 入山

14:00 黒百合ヒュッテ 着

    幕営開始

16:00 自由時間

 

2日目

 

06:30 黒百合ヒュッテ 発

08:30 天狗岳山頂

11:00 黒百合ヒュッテ 着・昼食

12:00 黒百合ヒュッテ 発

13:30 唐沢鉱泉登山口駐車場 着・解散

18:00 新宿駅 新宿の目 解散

 

※ 渋滞などにより、スケジュールが遅れる場合も御座います。 

 

 

~ 集合場所 ~

 

集合場所は、以下の2ヶ所から選択できます。
新宿駅集合の方は無料送迎を行います。マイカーでお越しの方は、お車で唐沢鉱泉登山口駐車場に指定時間までにお越し願えます様お願いします。駐車台数は約30台で、駐車料金は無料です。

 

新宿駅 " 新宿の目 " 前  7:00 集合

 

新宿の目は、新宿駅西口B1Fより出て、ロータリーの右手。新宿スバルビルの地下部分にあります。

 

唐沢鉱泉登山口駐車場 11:00 集合 

 

道路状況によって遅れが生じることがあります。予めご了承下さい。

 


 

 

~ 遂行人数 ~

 

最小遂行人数 3名

最大遂行人数 6名

 

 

~ 天候 ~

 

悪天候時は中止します。

中止の場合に限り、前夜にメールにて中止連絡を行います。

※ 中止の場合は全額返金となりますが、ご返金には注文金額の3.6%のクレジットカード返金手数料が発生します。予めご了承下さい。

 

 
~ 用意するもの ~

 

□ 登山靴 ( 中綿入りの冬季登山靴。スリーシーズン用のライトアルパインブーツは不可とします。)

□ 12本爪アイゼン( ワンタッチ、又はセミワンタッチ式アイゼンを強く推奨します。)

□ ピッケル

□ ヘルメット

□ 120cm のスリング

□ 安全環付きカラビナ

□ 冬季用手袋 (ウールのインナーオーバーグローブの組み合わせを推奨します。インナーグローブは2セット以上用意しましょう。)

□ ゲイター ( 足首からの雪の侵入を防ぐゲイターをご用意下さい。インナースパッツでも可。)

□ サングラス ( 照り返しにより網膜が損傷を受けます。サングラスを用意しましょう。曇りにくいものを推奨。)

□ ゴーグル ( 強風時に必要となります。必ず用意して下さい。)

□ バラクラバ ( ニット帽とネックウォーマーの組み合わせでも可。)

□ その他、雪山登山に適した服装 ( ポリエステルやウールのアンダー、防水透湿素材の上下アウターなど )

□ アバランチギヤ ( ビーコン、プローブ、ショベルの3点を必ず用意してください )

□ テントなどのシェルター ( 軽量化のためにツェルトなどを選択しても構いません )

□ 寝袋 ( 夜間は平均で−15℃程度まで下がります。ダウン量800g以上、快適使用温度−10℃以下のものを推奨します。)

□ スリーピングマット サーマレスト ネオエアーXサーモなど、R値5以上のスリーピングマットが必要です。保温において、寝袋よりも遥かに重要です。)

□ 調理器具 ( ガスバーナーを使用の場合、ノルマルブタン混合率の低い冬用を使用してください。アルコールストーブは着火しない場合もあります。)

□ 浄水器 ( 近年は雪にマイクロプラスチックが紛れる様になりました。雪を溶かして飲用する場合にも、浄水器の使用をお勧めします。)

□ その他、登山装備一式 ( 防寒着、ヘッドライト、モバイルバッテリー、予備のアンダーウェアなど)

□ 食料・飲料 ( 水はペットボトルなどだと凍ります。必ず魔法瓶、保温袋などに入れて携行しましょう。) 

 

※ バックパックサイズを意識しましょう。一泊二日程度の雪山登山では、そこまで大きなバックパックは不要です。体積が大きければ大きいほど、強風で煽られてバランスを崩しやすくなるので危険です。最大でも50L程度までのバックパックサイズに納めましょう。また重すぎる装備も想像以上に体力を奪います、不要な快適装備は省き、グラム単位での軽量化に努めましょう。

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ ご返金には注文金額の3.6%の返金手数料が発生します。

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

※ キャンセル希望の際は、自動返信メールに記載の専用メールアドレスより、指定フォーマットの内容をご記載の上メールをお送り下さい。

 

 

~ 補償について ~

 

Kuri Adventures ではお客様の安全を再優先にしておりますが、山で100%の安全はお約束できません。
イベント中の事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。

詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

 

 

~ 保険について ~

 

実際に深い山の中に入っての実践を行う為、遭難事故発生時には遭難捜索、及び山岳救助が求められる場合があります。
遭難対策費用300万円以上の保険にご加入頂く他、傷害保険、生命保険などへのご加入も推奨致します。

  

 

~ ココヘリについて ~

 

実践山行では、万が一の滑落、行方不明、同行者や他の登山者を怪我させてしまった場合などに備え、ココヘリの加入を推奨しています。ココヘリとは位置発信システムを使用した遭難捜索サービスで、万が一行方不明になってしまった場合にもヘリコプターによる捜索を容易にしてくれます。また他者を死傷させてしまった場合の損害賠償責任補償、山行中に装備品を壊してしまった場合における装備補償なども含まれています。《 未加入の方はこちら!》

 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

 

【決済システム変更のお知らせ】

 

不具合があり決済システムを変更をいたしました。

注文時に即時決済となります。

申し訳ございませんが、マイページ・ポイントシステムは使用できなくなりましたのでご了承ください。

 


天狗岳

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

 ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

 

↓ プルダウンから日程を選択してください。

¥33,000

  • 在庫あり