JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


山岳フィジカルトレーニング

登山には強靭な身体能力が求められるのは言うまでもありません。山は全ての人に等しく厳しい存在であり、女性だからとか、年配者だとか、体力がないとかは考慮せず、屈強な山男にも始めたばかりの初心者にも、平等に牙を向きます。そして命を落とすのはいつも弱者です。

安全に登山を楽しむ上で、体を鍛えることは欠かせない重要な準備であると Kuri Adventures では考えています。


しかし強くならなければならないからと行って、山で無理するのは自殺行為。登山のトレーニングは登山を行うことがベストなのはもちろんですが、登山中に運動強度を高めてはいけません。

運動強度を高めるとエネルギー代謝比率が糖代謝寄りに偏ったり、血中酸素飽和度が下がったり、乳酸閾値を超えたりなど様々な悪循環を生み、それが疲労、集中力の低下、バランス能力の低下、エネルギー生産効率の低下などに繋がり、結果として転滑落、低体温症、疲労による行動不能などの山岳遭難に繋がります。
本当の意味で登山に強くなりたければ、平地にいる時にしっかりと追い込んだトレーニングをする他ありません。

 

登山の肉体強化に特化した山岳フィジカルトレーナーの坂主がトレーニングを担当。Kuri Adventures のトレーニングカリキュラムでは、もっと強い登山者となって、より快適に、より安全に登山を行うためのプログラムを用意させて頂いております。

トレーニングは、一度学習頂いた内容をご家庭で続けて頂く事で、身体能力の向上できるプログラムとなります。全3項目のどこからご参加頂いても構いません。1つずつご参加頂きながらご家庭で行うトレーニング内容を増やしていき、3項目のプログラムを日々行うようになると、以前とは別人のように強くなったご自身へと成長していることでしょう。

その事は、確実に山の安全に繋がります。より登山に特化したフィジカルを得て、より楽しい登山ライフを送りましょう!!

 

 


トレーナー 坂主 拓國  

 

・JMIA認定 一般登山インストラクター

全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナー

 

登山にマッチしたトレーニングプログラムを構築できる、数少ない超一流パーソナルトレーナー。アスリートから芸能人までトレーングを施してきた坂主氏が、今度は登山者の育成!

強いフィジカルの育成を通じて安全登山に貢献したいと考える。




心肺機能強化トレーニングプログラム

 

もっと速く、もっと疲れずに登山を行う身体能力こそ、もっとも分かりやすい登山体力であると言えます。登山の適正心拍数を保ちながらもっと速いペースで歩ける様になるには、心肺機能を強化していく必要があります。

肺活量の増大化、毛細血管の増大化、ミトコンドリアの量を増やす、ヘモグロビンの数を増やして肥大化させるなど、最新スポーツ科学を取り入れたトレーニングを通してもっと強い登山者を目指します。



筋持久力強化トレーニングプログラム

 

上りで脹脛や太腿が痙るように痛む。下りで膝が痛い。肩や首が極端に凝り固まる。
これらは登山を行う上で必要な筋力が十分に備わっていない事で引き起こされていると考えられます。
登山では最大筋出力の強化はさほど重要ではありませんが、長時間、場合によっては何日も連続して活動できる筋持久力が求められます。

疲れにくい体作りを行うことによって、もっと登山は楽しく、快適になります!



バランス能力強化トレーニングプログラム

 

登山は不整地の中を歩く事になり、高いバランスを保ちながらの歩行が求められることになります。

単に体幹を鍛えれば良いと言ったものではなく、三半規管から受け取った傾きの情報、それを処理する小脳の能力、三半規管から小脳を経て各筋組織への情報を送るシナプスの量を増やすなど、単に筋力だけの問題ではなく、神経系統の面からもアプローチしたトレーニングを行います。