JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


実践登山教室

登山技術を習得するためには、学習機会を設けること、学んだ技術の練習を繰り返すこと、実践の場で経験を積み重ねることを繰り返す必要があります。講習に参加しただけで技術は身につくものではありません。
Kuri Adventures では講習で学習して頂いた方を対象に、実践の場で技術を活かす山行企画をご用意させて頂いております。
ご参加者様同士でロープを繋ぎ合い、自分達自身で安全確保を行いながら山行を行って頂きます。この様な実践経験の積み重ねでこそ活きた技術が身に付くものであり、ツアー的な山行で身に付くものではありません。

 

Kuri Adventures の実践登山教室では、" マウンテニアリング実践山行 " と " クライミング実践山行 " 、そして " 体験山行 " の3つのクラスをご用意しております。

マウンテニアリング実践山行へは、山岳ロープワーク講習、懸垂下降技術講習で学ぶ技術内容だけでご参加頂くことができます。
高難度の破線路や、登山道から外れたバリエーションルートで、自分達自身でシステム構築しながら安全確保を行います。
不安定な地形での歩行技術、踏み跡無き道でのナビゲーション技術、現場現場での判断を要求されるルートファインディング能力など、登山者に求められる登山技術の基本を高いレベルで身につけることができます。

 

.

クライミング実践山行では、四季を通じた様々な環境でのアルパインクライミングを経験して頂きます。

春の雪稜、夏の沢登り、秋の岩稜、冬の氷壁。四季折々に変わる日本のフィールドでは様々な登攀を楽しむ事ができますが、その基本となる技術は同じです。

しかし各登攀別に経験を積み重ねる必要があり、通年を通じて様々な山行にご参加頂くことで経験を積み重ねて頂くことが大切であると考えています。

このカリキュラムでは、実際に自分達自身で登攀を行って頂きます。スタッフが各支点での確認を行ったり、中間支点設置のミスなどを現場で指摘していきます。
山行の場で直接指導を受けることで活きた技術が身につきます。

 


ツアー的な山行では技術は身につかないと記しましたが、そうは言ってもその基礎技術を身につけるにもそれなりに時間が掛かるもの。まずはシーズンに合わせた様々な山行を経験して頂き、高難度な登山を愉しむためになぜ技術が求められるのかを実体験の中から感じ取って頂ければと考えております。

 

Kuri Adventures では自立した登山者を育てることを目標としています。講習で学び、練習会で反復し、実践山行で経験を積む。

やがて少しずつ自分達自身での山行が行えるようになり、自由で豊かな登山者としての人生を送れるようになります。
より安全でより広い山の世界を楽しむお手伝いをさせて頂きます。
実践経験を積み重ねる場として、Kuri Adventures の実践登山教室をご利用下さい。

 


マウンテニアリング実践山行

 

コンティニュアスビレイシステムとバックアップシステムを設けた懸垂下降技術を身に着けていればご参加頂ける実践山行カリキュラムとなります。

不安定な地形の歩行を繰り返すことで確実な歩行技術を身に付けると共に、ナビゲーション技術、ルートファインディング技術など、登山者にとって必要な基礎技術が身につきます。

一般登山を中心とした山行を楽しみたい方のステップアップにおすすめです。

 



アルパインクライミング実践山行

 

春の雪稜アルパインや夏の沢登り、秋の岩壁に冬の氷壁。四季を通じた様々な山岳登攀を、シーズンに合わせて企画しています。
自分達自身でロープを繋ぎ、リードもビレイも、中間支点設置や終了点設置まで全てご参加者様自身に行って頂きます。実際の現場で支点の在り方や登攀について指導を受けることで、活きた技術として身につきます。

 



体験山行(ツアー)

 

本格的な登山を自分自身で行うためには様々な技術習得が求められますが、その習得には時間がかかります。体験山行ではインストラクターが全て管理を行いながら、高難度な山行を経験して頂く登山ツアーとなっています。

様々な山行形態がどの様なものなのか、まずは実体験として経験して頂ければと思います。
その上で技術を磨き、登山者としてステップアップする最初のきっかけに慣れば幸いです。