JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


実践登山教室

登山技術を習得するためには、学習機会を設けること、学んだ技術の練習を繰り返すこと、実践の場で経験を積み重ねることを繰り返す必要があります。講習に参加しただけで技術は身につくものではありません。
Kuri Adventures の実践登山教室では、ご参加者様の技術レベルに合わせ、自主的に山行を行いながら実践経験の場で経験を積み重ねるカリキュラムをご用意しております。

例えばリードクライミングまで学習されている方であれば、インストラクターが残置したプロテクションにクリップしながらリードしてみても良いでしょうし、支点構築やナチュラルプロテクション設置技術を学習されている方であれば自分自身でリードしてみても構いません。その支点が正しく設置されているか、現場でインストラクターが確認し、指導します。

まったくの未経験者であれば、まずはご参加頂いてみるだけでも構いません。経験を積み重ねながら学習することで、より実践現場をイメージしながら技術習得しやすくなるでしょう。

 

登山技術とは、講習による学習のみで身につくものではありません。学習頂いた内容をしっかりと練習し、その上で実践経験を積み重ねることで活きた技術として身につきます。

しかし、リーダーやガイドに連れて行ってもらうだけの山行ではなかなか自分の力として技術は身につきません。自分自身で実践経験を積み重ねる必要があります。しかしその時、その技術が正しく行えているかどうかは自分自身では分からなかったりもします。
実践登山教室は、JMIA認定の登山インストラクターが現場でその技術が正しく行えているかどうかを確認する事で正しい技術を学んで頂く場としています。

 

Kuri Adventures では自立した登山者を育てることを目標としています。

講習で学び、練習会で反復し、実践山行で経験を積む。 やがて少しずつ自分達自身での山行が行えるようになり、自由で豊かな登山者としての人生を送れるようになります。 より安全でより広い山の世界を楽しむお手伝いをさせて頂きます。

実践経験を積み重ねる場として、Kuri Adventures の実践登山教室をご利用下さい。

 

 

※ 全くの未経験の方でもご参加頂けますが、その場合はあくまでもツアー的な山行となります。実践登山教室は技術習得の場ではありません。基礎技術を学習されたい方は、登山技術教室での講習カリキュラムから受講頂きます様お願いします。

 

 


トレッキング

 

本格的なルートのトレッキングを始めたい方やテント泊デビューしたい方を対象とした実践登山教室です。
疲れない歩行ペースの作り方やその技術、岩場などの危険箇所の通過技術、テントの立て方や過ごし方など、独学ではなかなか学ぶことが難しい登山の基本を、登山インストラクターと共に行く山行で身につけましょう!

 



岩山登山

 

一般登山道難路からバリエーションルートまで、様々な岩山登山の実践経験を重ねる実践登山教室です。

鎖場で行う同行者確保技術や、岩稜で行うコンティニュアスビレイ技術、岩壁で行うスタカットビレイ技術など、ご参加者様のレベルに併せて実践経験を積む事ができます。学んだ技術を実践の場で積み重ねましょう!

 



沢登り

 

沢登りは最も自然の深いところに踏み入れる山行形態で、登山者としての総合力が問われます。地形を読み解くナビゲーションやルートファインディングの能力、滑りやすい沢床や泥の斜面を歩く歩行能力、滝の登攀力に支点構築能力。様々な技術が求められるまさに登山の総合格闘技!
だからこそ、沢登りは登山者を育てます。そして何よりも沢の自然が素晴らしい!!



藪山登山

 

最も日本的な登山の在り方に、藪山登山があります。
" 藪 " と言っても、本当に藪を漕ぎながら歩くわけではなく、樹林帯の急峻な森を攀じ登る山行形態の事を藪山登山と呼ばれています。

絶対的な歩行技術の習得や、完全なる自然地での安全確保技術を学ぶのに適しています。あらゆる山行形態の中でも特に面白い種の山行だと感じます。