JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


沢登り

沢登りとは、その名の通り沢に沿って山に登る山行形態を言います。そこには当然登山道など無く、自然のままの地形を進む本格的な登山となります。
日本に近代登山の文化が入ってくる前から、日本人は沢を伝って山に入っていました。登山道のない時代、藪の入らない沢は理想的な登路であったと言います。大雨が降るたびに洗い流される沢筋は、太古の時代から変わらぬままでそこにあります。まさに原生の自然地形を歩む山行形態であると言えます。

 

.

深い谷の中ではGPSが正しく作動しないことも多く、実に高度なナビゲーションスキルが求められます。また自然地形のままのルートを辿るので、ルートファインディングスキルも求められます。
当然滝が現れれば登攀技術も求められるし、苔で滑った沢床や泥壁の高巻きでは高い歩行技術も求められます。
泊まりでの沢登りとなれば無補給の場所でのビバーク技術など、生活技術も必要でしょう。
これ故に、沢登りは登山の総合格闘技と称されます。

そんな沢登りでリーダーを努めようとすると凄まじく高い能力が求められますが、一方で優秀なリーダーについていけば比較的初心者でも楽しめてしまう懐の深さもまた、沢登りの大きな魅力であると言えます。

 


新緑の木漏れ日、沢のせせらぎ、羽虫の音に蜘蛛の糸に輝く露の光。蒸した苔に土の匂い、時に跳ねる川魚の波紋。
これぞ大自然と言うべき、本当に美しい自然の中、実に冒険的な登山を楽しめる沢登り。泊まりともなれば焚き火を囲い、呑み交わす。もう他に何も要らないと思えるほどに楽しい時を送れます。

Kuri Adventures の沢登り実践教室では、ご参加者様のレベルに併せて山行を楽しんで頂けます。
ナチュラルプロテクションの設置技術や支点構築技術を身に着けている方には積極的にリードをして頂き、登山インストラクターがその支点の在り方で正しいかどうか現場で確認、指導を行います。一方、未経験の方であれば、登山インストラクターがしっかりと安全確保を行った上で登って頂きながら、沢登りの体験ができます。

ご参加者様の技術レベルに合わせ、価値ある経験の積み重ねができます。

沢登りは登山者を育てます。

もっと登山者として成長したい方にこそ、是非沢登りに挑戦して頂ければと考えています。

 


沢登りの入門 "シンナソー"

 

北秋川に流れる、沢登りの入門ルート。はじめての沢登りを自分自身で実践するには良いでしょう。

難しい登攀はありませんが、小滝が連続するアスレチックなルート。アルパイン領域における中間支点設置と支点構築を学ぶのに適しています。

 

集合場所:新宿駅・武蔵五日市駅・現地  料金:13,500円(税別) 

 



西丹沢の美渓 "マスキ嵐沢"

 

白い岩と透き通った水が特徴の、西丹沢を代表する美しい沢の一つ。

沢としての美しさで言えば、最上級のルートであると思います。素晴らしい!!

登攀要素もしっかりあり、おすすめです。

 

集合場所:新宿駅・新松田駅・現地  料金:13,500円(税別) 

 



沢登り初級 "軍刀利沢"

 

登攀的要素のある小瀧が連続する沢です。中間支点設置や支点構築回数が多く、実践経験を蓄えられます。自分達自身で沢登りを楽しめるようになるために、しっかりと実践経験を積み重ねておきましょう!

 

集合場所:新宿駅・武蔵五日市駅・現地  料金:13,500円(税別)  

 



名も無きピークを目指せ!"モロクボ沢"

 

モロクボ沢は30mクラスの大滝の登攀を持つ、スケールの大きな沢です。

そんなモロクボ沢に見出した、Kuri Adventures オリジナルのルートがあります。

名も無きピークまで登り詰める、ちょっと冒険的な沢登りを楽しめます。

 

集合場所:新宿駅・秦野駅・現地  料金:13,500円(税別)  日程:日帰り

 



はじめての沢泊 "釜ノ沢 "

 

沢登りでの幕営は、一般登山におけるそれとは異なります。小屋での補給はできず、整備されたテント場もありません。ビバーク適地を見つけ、全て自給自足で山行を行います。これができて初めて一人前のアルパインクライマーと呼べるでしょう。

 

集合場所:新宿駅・塩山駅・現地  料金:30,000円(税別)  難易度:☆★★

必要技術:マルチピッチクライミング、ナチュラルプロテクション 日程:日帰り