JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


セルクレスキューワークショップ

 

山奥深くに足を踏み込む登山では、いつ何時事故に遭遇するかわかりません。万が一の事故発生時、そこが危険な場所であったり、救助までに時間を要する場合には自分達自身で怪我をした仲間を助け出さなければならない場合もあります。

このカリキュラムでは、様々なレベルに応じたセルフレスキュー技術をお伝えしています。

ハイキングやトレッキングなどを楽しむ全ての登山者に学んで頂きたい搬送技術の基礎と引き上げ技術。マルチピッチクライミングやアルパインクライミングを楽しむ方に学んで頂きたいクライミングレスキュー。懸垂下降を伴う山行を行うリーダー必修のラッペルレスキューなど、様々な技術をお伝えしています。

万が一の事態に備え、しっかりと技術を学びましょう。

 


セルフレスキュー基礎技術講習

 

背負い搬送、担架搬送の基礎と滑車の原理を用いた引き上げ技術、実際に人を背負っての搬送体験を行います。
二本の足で立てるギリギリの斜面を、ロープの引きに併せて登る。救助活動の困難さを知ると共に、訓練を詰めば実際に人を背負ったまま登ることもできるという自信を得ることができます。

 



担架搬送レイジング引き上げ技術講習

 

簡易担架のまま壁を引き上げる技術をお伝えします。

頚椎や骨盤にダメージがある可能性が考えられる場合、担架搬送のまま引き上げを行う必要があります。一般的なクライミングギアだけを使って担架搬送引き上げ技術を行うことができる手法をお伝えしています。

沢登りや岩稜バリエーションなどを行う方に、是非身につけて頂きたい技術です。

 



クライミングレスキュー技術 ①

 

この講習ではクライミングレスキュー技術の基本となるセカンドレスキュー技術を指導します。マルチピッチクライミングを行わない方でも、例えば沢登りや岩稜登山などにおけるフォロービレイを行う以上、身に付けておかなければならない技術となります。
高度な登山を計画する全てのリーダーに覚えて頂きたいセルフレスキューです。
 



クライミングレスキュー技術 ②

 

マルチピッチクライミングやアルパインクライミングを行う全てのクライマーに学習してほしい、リードで宙吊りになって意識消失した仲間を救助するためのセルフレスキュー技術です。

長時間の宙吊りは、仮に救助できてもエコノミー症候群などによる死亡に繋がる可能性も高くなります。宙吊り状態から素早く開放してあげる技術を身に付けましょう。