JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


クライミング技術ワークショップ

 

お仕事帰りに手軽に学べる、クライミング講習です。Kuri Adventures の一日講習でお伝えしておる内容を分解して、お仕事帰りにお立ち寄り頂いて学習できるカリキュラムとなっています。

クライミング未経験の方が基本となるロープの結び方などから学びはじめ、最終的にはマルチピッチクライミングまで楽しめるようにまでなる全6コマのクライミング講習です。コマ割り別に受講頂けるので、分からなかったところは何度でも学習できます。

 

クライミングの技術を学ぶということは、単にクライミングを楽しむことが出来るようになることだけに留まるものではありません。高いレベルでの安全確保技術を身につけるということでもあり、安全な登山を遂行する為にも重要な技術です。
また登攀能力を高めることは、山の中での危険箇所を安全に通過する能力を身につけるということでもあります。

さらにクライミングの技術を身につけることで、これまでトレッキングやハイキングしか行えなかったところから、沢登りやバリエーションルート、アイスクライミングなど登山の幅を広げることにもなります。
人生は確実に豊かになり、山はさらに楽しいものになります。
是非クライミングを通じてさらなる山の深みを実感しながら、より安全に近づいて参りましょう!!

 


クライミング基礎技術講習

 

クライミングを始めるには、安全管理の為の基礎知識を学ばなくてはなりません。
ハーネスやヘルメットの正しい装着方法、エイトノットの結び方、ビレイデバイスのセット方法、セルフビレイコードの作り方、カラビナの構造と理論など、クライミングを始めるにあたり必ず必要となる基礎技術を学習します。

まずはここから、クライミングの世界に足を踏み入れていきましょう!

 



トップロープ講習

 

トップロープクライミングとは、常に上から吊られた状態で行うクライミングです。
常にロープで確保された状態となりますので、原則として墜落は起きません。

あらゆるクライミングの中で最も安全性が高いクライミング手法で、今後様々なクライミングに挑戦する上でも練習するのに必要となります。
リードクライミングを学習する前段階としてしっかりと学習しましょう。

 



リードクライミング講習①

 

あたりまえの話ですが、自然地において上からロープが最初から垂れ下がっていることはありえません。リードでクライミングができてこそ、本来あるべきクライミングの姿となります。
この講習ではリードクライミングを行う上で身につけ無くてはならない基礎知識を学習して頂くカリキュラムとなります。

 



リードクライミング講習②

 

いよいよ実際にリードクライミングで登って頂きます。
リードクライミング講習①で学習した内容を、ご参加者様同士で確認し合いながら実践経験を積み重ねて頂きます。

この講習まで終えることで、実際に外岩に出かけてクライミングを楽しむなど、一気に幅が広がることでしょう。

 



支点構築技術講習

 

マルチピッチクライミングを行うにはもちろん、沢登りや岩稜などトップアウトするアルパインクライミングにおいても必ず必要になる技術です。
パーティー全員の命を預ける最重要技術であるにも関わらず、支点構築を行う時は常に一人。ダブルチェックなしに全て自分で判断しなくてはなりません。
しっかりと確実な技術を身につけることが求められます。

 



マルチピッチ技術実践講習

 

支点構築技術講習で学習して頂いたシステムを元に、マルチピッチクライミング壁を利用して実際にピッチを切る流れを行なって頂きます。
支点を構築し、ロープを手繰り、セカンドビレイを行い、ギアの受け渡しにリードビレイ、コールを待っての登攀。最後には懸垂下降で下るところまでを含めた総合的なマルチピッチクライミングの実践訓練となります。