はじめての沢登り講習

森林限界以下から急峻な地形があり、温暖で雨が多い、島国特集の地形と気象環境が整わないとそもそも沢登りのフィールドすら出現しない、日本ならではのアルパインクライミングのスタイルです。
現代登山が文化として日本に伝わる前は、沢登りは日本人の生活の中にありました。尾根筋は藪に覆われるため、草木の生えない水流の中に道を見出し、狩猟採集を行っていました。沢登りは日本人の原点としてDNAに刻まれているのかも知れません。

 

緑豊かに苔むした幻想の空間には、木々から差し込む木漏れ日の光、絶え間なく聴こえる沢のせせらぎ、鳥の鳴き声に飛び交う羽虫。まるで全ての生を受け入れるような沢の中の大自然は、厳しい中にも包み込むような優しさがあります。

沢登りを知らない事は、登山者として実にもったいないと感じるほど。確実に人生はもっと豊かになります!!

 

.

あらゆる登山のジャンルの中で最も原生なる大自然の奥地に足を踏み入れる沢登りは、登山の総合格闘技と呼ばれるほどに様々な技術や知識を要します。
まずはリーダーに同行しながら経験を積むべきですが、それにも最低限抑えておくべき沢特有の技術や知識があります。この講習では沢登りを始める上で知っておくべき技術を、実際に沢登を行いながら学びます。

 

・お助け紐による簡易確保

・アッセンダーによる自己確保

・泳ぎを伴うゴルジュの突破方法

・渡渉における安全確保技術

・沢の中でのビバーク体験

 


この講習で向かうは南秋川水系の軍刀利沢。入門向けの沢登りルートではありますが、連続とした滝の登攀、部分的にある深い釜、不安定な河原歩きなど、コンパクトな中にギュッと沢登りに求められる要素が詰まった一本です。本来であれば日帰りで行くルートではありますが、ポイント毎に学習要素を設け、しっかりと時間をかけながら学びの場を設けていきます。
また不安定な地形の中でのビバークもきっと良い体験になるでしょう。石だらけの決して快適とは呼べない僅かな平坦部で、如何に夜を過ごすのか?
落石や増水を避けた場所選び、沢水を濾過しての水作り、拾い集めた薪での焚き火。テント場に泊まるトレッキングでの幕営とは異なる野営の体験は、きっと登山者としてもう一歩深く自然に関わる良い体験となるでしょう。

 

沢登りは登山者を育てます。総合的な能力を求められる沢登りを続けていると、登山者としての能力は確実に高まります。

そして何よりも、沢登りには大変素晴らしい魅力が詰まっています!!
この夏、是非沢登りを初めましょう!!!

 

上の動画は別企画の映像な為、企画内容は若干異なります。この講習では担当講師が基本的に確保を行います。

 

 

~ 日程 ~

 

 休日開催

 

技術講習 2021年7月3日 (土) / 実践山行 7月4日 (日) / 予約締切 6月30日 (水) 19:00まで

技術講習 2021年7月31日 (土) / 実践山行 8月1日 (日) / 予約締切 7月28日 (水) 19:00まで

技術講習 2021年8月28日 (土) / 実践山行 8月29日 (日) / 予約締切 8月25日 (水) 19:00まで

  

 平日開催

 

技術講習 2021年7月14日 (水)  / 実践山行 7月28日 (水) / 予約締切 7月11日 (日) 19:00まで

 

 

 

~ 事前予習動画 ~

 

この講習では、以下の結びが必要です。講習日当日までに覚えてきて下さい。

 

 □ エイトノット(オン・ア・バイト)

 □ クレイムハイスト

 □ ムンターヒッチ

 

 

 

また以下のオンライン座学講習(過去録画)を視聴し、沢靴の用意、バックパックの防水処理など、事前準備を行って下さい。

 

上の写真をクリックするとオンライン講習録画映像を視聴できます。

 

 

~ 参加条件 ~

 

◯ 指定装備をしっかりとご用意頂ける方

◯ 日常的に登山を行っている方

◯ テント泊経験がある方

 

 

~ タイムスケジュール ~

  

  初日

07:00 新宿駅 新宿の目 集合

08:30 武蔵五日市駅 集合

10:00 入山

16:00 幕営地

20:00 就寝

 

  翌日

07:00 幕営地出発

12:00 下山

13:30 武蔵五日市駅 解散

16:00 新宿駅 新宿の目 解散

 

※ 渋滞などにより、スケジュールが遅れる場合も御座います。 

 

 

~ 集合場所 ~

 

集合場所は、以下の2ヶ所から選択できます。新宿駅、武蔵五日市駅に集合の方は、無料送迎を行います。マイカーでお越しの方も、武蔵五日市駅周辺に駐車の上、指定時間までに駅前にお越し願えます様お願いします。 

 

新宿駅 " 新宿の目 " 前  7:00 集合

 

新宿の目は、新宿駅西口B1Fより出て、ロータリーの右手。新宿スバルビルの地下部分にあります。

 

 

武蔵五日市駅 8:30  集合

 

道路状況によって遅れが生じることがあります。予めご了承下さい。また集合時間に遅れる場合には、必ずご一報願えますようお願い致します。

 


 

 

~ 遂行人数 ~

 最小遂行人数  4名

 最大遂行人数 10名

 

 

~ 天候 ~

 

 大雨時は中止とします。

 中止の場合のみ前夜連絡致します。

 


~ 用意するもの ~

 

□ クライミングハーネス (有料レンタルあり) 

□ ヘルメット (有料レンタルあり) 

□ 沢靴 (有料レンタルあり) 

□ 6mm × 150cm アクセサリーコード(フリクションコードとして使用)

HMS型安全環付きカラビナ

□ 変形D型安全環付きカラビナ × 2 (有料レンタルあり) 

□ 純綿100%の軍手 ( ビレイ時の融解を防ぐため、純綿の軍手にしましょう )

□ 登山の基本装備 ( ヘッドライト、雨具、防寒着、着替えなど )

□ 幕営装備一式  ( 沢登りでは軽量性が求められます。ツェルト、タープ、ハンモックなどがおすすめです。また調理器具なども必要です。)

□ 浄水器 ( 沢水を生で飲むと寄生虫感染や細菌による食中毒のリスクがあります。必ず浄水器による濾過、または煮沸が求められます。)

□ 昼食・飲料 ( 初日の昼食、夕食、翌日の朝食、昼食、行動食、非常食。水は幕営地で汲めますので、飲水分だけで構いません。)

□ 帰宅時の着替え ( 下着も含め、全ての衣類をご用意下さい。)

□ 行き帰りの靴 ( 沢靴へは現地で履き替えます。)

 

 ◯ 登山用品のレンタルサービスをご利用の方は、こちら からご予約下さい。

 

 

・装備は全て濡れます。装備の一つ一つをビニール袋(コンビニ袋などで構いません)に包み、バックパックへの浸水時対策を行って下さい。特に携帯電話など、電子機器類の防水対策は徹底して行って下さい。ジップロックなどに入れ、防水を徹底することを推奨します。

・行き帰りの際に使用する靴や下山後の着替えなど、貴重品以外のお荷物は車内に置いていくことができます。車内に置いていく方は、着替えなどをバックパックと別口にご用意頂くことを推奨します(盗難に関しての補償は行いません。)

・終了後、簡易更衣室にて下山後の衣類に着替えます。

・入渓時の衣類は、原則として一般登山時の衣類と同じです。ウールのアンダーやレインウェアなどを着用すると防寒対策となります。また中間着としてソフトシェルや化繊のインサレーションなどを着用すると、かなり暖かく過ごせます。

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

 開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

 開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

 開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

 開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

 

 

~ 補償について ~

 

Kuri Adventures ではお客様の安全を再優先にしておりますが、山で100%の安全はお約束できません。
イベント中の事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。

詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

 

 

~ お支払い方法 ~

 

 □ クレジットカード決済

 □ 当日現地払い (当日現金払いをご希望のお客様は、"代金引換"をご選択下さい。)

 

 


はじめての沢登り講習

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

  ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

 

¥29,800 ( 税込 ¥ 32,780 )

【予約内容】
 参加日  アクセス


この講習を受講頂いた方にオススメ!


ナチュラルプロテクション技術講習

カムとナッツを中心としたナチュラルプロテクション設置技術講習です。

懸垂下降技術講習

どんな急峻な斜面でも安全に下ることができる懸垂下降を学ぶ為のカリキュラムです。

山岳ナビゲーション講習

山岳遭難の一番の要因は道迷いです。ナビゲーション力を身に着けましょう。

セルフレスキュー技術講習

山岳遭難事故が発生した時、最低限の処置を行えるようになるための講習です。