JMIA 日本登山インストラクターズ協会所属

 


セルフレスキューワークショップ

 

お仕事帰りに手軽に学べる、セルフレスキューのワークショップです。
登山を楽しむ上で、どんなに気をつけていても全ての危険を取り除くことはできません。アウトドアアクティビティを楽しむ上で100%の安全はありえないのです。どんなベテランでも、ふとした気の緩みや些細なミスから事故を起こす場合もあります。

 

滑落などを起こした場合、そこは落石の通り道であったり、雪崩のリスクがあったり、さらなる滑落などの二次災害が起こる箇所かもしれません。また宙吊り状態になってしまった場合、長時間放置すると血中毒素の濃度が高まってショックを起こす場合などもあります。状況によっては、自分たちの力で安全な場所まで移動させる必要がある場合もあります。

 

この講習では万が一の事故に備え、自分たち自身で仲間を助け出す為の技術をお伝えしています。
使う機会は滅多とない、いや、生涯使わないに越したことは無い技術ではありますが、しかしそれでも是非身につけておきたい技術でもあります。安全な登山を楽しむ上で、是非学習して頂ければ幸いです!

 


セルフレスキュー基礎講習

 

負傷した仲間の搬送、補助を行う際に必要な様々な知識と技術を学びます。
基本となる背負い搬送技術から、担架搬送技術、簡易松葉杖の製作技術など、受傷状況によって使い分けられる様々な搬送方法を学びます。
実際に体験することで分かる人の重さ。いざという時に慌てないためにも、全ての登山者に学んで頂きたい重要な技術です。

 



レイジング技術

 

救助の基礎となる引き上げのシステムをレイジングシステム(又は倍力システム)と言います。滑車の原理を用いて、実際に引く力より何倍も強い力でロープを引くことが出来ます。人を背負ったまま急斜面を登る為には、レイジングによるサポートが不可欠です。

またビッグウォールやバーティカルアイスでの荷揚げにも使用します。

 



懸垂下降救助技術

 

連続する岩を乗り越えて上へ上へと進んでいる時、落石により仲間の腕が骨折。さたは足を負傷。携帯の電波も繋がらな無い岩の壁の真ん中からどう脱するか?
負傷した仲間を危険箇所から下ろす為に、懸垂下降の補助を行わなくてはならない場合があります。
この講習では背負い搬送懸垂下降技術と分散懸垂救助法の2つを指導します。

 



セカンドレスキュー

 

マルチピッチクライミングやアルパインクライミングでフォロービレイを行っている時、下から上がってくるパートナーが振られて意識を失ったり落石で負傷した場合などが起こると宙吊り状態のまま動けなくなる場合があります。
このような場合に長時間放置すると命に関わるケースもあるので、素早く救助を行う必要性があります。この講習では、セカンドレスキュー技術を指導します。

 



リードレスキュー

 

マルチピッチクライミングやアルパインクライミングで、ロープの半分を超える高さを登る場合も多くあります。この様なシーンでリードクライマーがダメージを負い、自力でシステム構築ができない場合はビレイヤーが救助に向かわなくてはなりません。
この講習ではリードクライマーのレスキューを行う技術をお伝えします。