遭難対策技術講習

登山を行う以上、どんなに注意をしていても遭難事故のリスクを完全に拭い去る事はできません。誰の身にも起こりえます。

いざ怪我をしてしまうと、人里離れた山奥ではすぐに医療機関に受診することができません。天候次第では救助ヘリも飛べず、場合によっては数日間自分達自身で耐え忍ばなくてはなりません。

 

事故発生から救助期間到着まで命を繋ぎ止める為に、3つの技術が求められると考えられます。

傷病者を安全で安定した場所まで移動するための搬送技術、傷病状態の悪化を防ぐ応急処置技術、自然環境から身を守る保温保護技術。この講習では、2日間のカリキュラムを経てこれら3つのカテゴリーの知識と技術を習得します。

 

.

この講習ではこれらの技術を学習します。

 

◯ 事故発生から救助隊引き渡しまでの一連の流れ

◯ 要救助者の一次救命処置 (心肺蘇生・大量出血処置)

◯ 脊椎評価、及び骨盤骨折確認

◯ 擦過傷や捻挫など、軽微な怪我の応急処置

◯ バイタル測定と継続した経過観察

◯ 搬送システムの構築

◯ 引き上げシステムの構築

◯ 低体温症防止のための保温保護

◯ ビバーク技術

 


まず初日に、事故発生から救助対への引き渡しまでの間に求められる技術と知識を学びます。座学と演習を繰り返しながら行うカリキュラムで、活きた技術の習得を目指します。

夜は実際にビバークを経験してもらいます。必要最低限の装備で夜を過ごす経験を実際にやってみない限り、実践で役立つ技術の習得に繋がりません。講習施設のすぐ近くでビバーク訓練を行うので、安全に実践経験を得ることができます。どうしても辛ければ送迎車内に逃げ込むことも可能です。

翌日は実際に遭難事故を想定した演習を行ないます。遭難者役が何かしらの傷病を訴えるので、それに併せて必用ならば搬送し、状況に応じて応急処置を施します。ロールプレイングを通じて実際のセルフレスキューを行ってみることで、はじめて学んだ知識が活きた技術として身につくものであると Kuri Adventures では考えます。

遭難事故を100%完全に防ぐのは不可能です。だからこそ、しっかりとした応急救護技術を身に着けておくことは、登山者としての責務では無いでしょうか?
いざという時、大切な仲間の命を守るために、全ての登山者が学ぶべき学習項目であると考えています。是非学習機会を設け、より安全に山を楽しむ技術を身に着けましょう!!

 

 

 

 

~ 日程 ~

 

2021年9月19日(日)~21日(月) 【 締切 9/16 (木) 19:00 】

 

 

~ 事前予習動画 ~

  

この講習では、以下の5種の結びが必要です。講習日当日までに覚えてきて下さい。

 

□ エイトノット(オン・ア・バイト)

□ ダブルフィッシャーマンズベンド

□ ムンターヒッチ

□ クローブヒッチ

□ クレイムハイスト

 

 

 

~ タイムスケジュール ~

 

 初日

07:00 新宿駅 新宿の目 集合

09:00 東吾野駅 集合

09:30 講習開始

18:30 講習終了

 

翌日

07:00 講習開始

12:00 講習終了

14:00 東吾野駅 解散

16:00 新宿駅 新宿の目 解散

 

 

※ 渋滞などにより、スケジュールが遅れる場合も御座います。  

 

 

~ 集合場所 ~

 

集合場所は、以下の2ヶ所から選択できます。
新宿駅、武蔵五日市駅に集合の方は、無料送迎を行います。マイカーでお越しの方は、お車で東吾野駅に指定時間までに起こし願えます様お願いします。(東吾野駅から現地まで、車で移動します。)

 

新宿駅 " 新宿の目 " 前  7:00 集合

 

新宿の目は、新宿駅西口B1Fより出て、ロータリーの右手。新宿スバルビルの地下部分にあります。

 

 

東吾野駅 9:00  集合

 

道路状況によって遅れが生じることがあります。予めご了承下さい。また集合時間に遅れる場合には、必ずご一報願えますようお願い致します。

 


 

 

~ 遂行人数 ~

 

最小遂行人数  4名

最大遂行人数 12名

 

 

~ 天候 ~

 

原則として雨天でも講習を行ないます。雨天の際のビバーク訓練や救助演習では濡れや汚れが想定されますので、乾いた着替えを用意しましょう。また雨天時には装備を濡らさない様、防水対策の徹底をお願いします。

 


~ 用意するもの ~

 

□ クライミングヘルメット(有料レンタルあり)

□ 180cmスリング

□ 6mm × 150cm のアクセサリーコード(フリクションコードとして使用します)

□ O型安全環付きカラビナ

□ プーリー (セルフジャミングプーリーを推奨します)

□ バックパック  (人を運ぶこととなるので丈夫なものを推奨します)

□ ツェルト (ビバークを想定し、人が横になって眠れるサイズのものを用意して下さい)

□ スリーピングマット (ビバークを想定し、半身サイズのエアーマットなどを推奨します)

□ エマージェンシーシート

□ 防寒着

□ バーナー、鍋 (小さなもので構いません。)

□ プラティパス (2Lサイズが2つあると便利です。1つには水を入れておきましょう。)

□ 三角巾
□ 弾性包帯(7.5cm幅を推奨)

□ テーピングテープ(非伸縮性の38mm~50mm幅のもの)

□ 食事(夕食はビバークを想定し、必要最低限の非常食のみとすることを推奨します。その他、初日翌日の昼食、翌日の朝食が必用です。)

 

 ◯ 登山用品のレンタルサービスをご利用の方は、こちら からご予約下さい。

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

 

 

~ 補償について ~

 

Kuri Adventures ではお客様の安全を再優先にしておりますが、山で100%の安全はお約束できません。
イベント中の事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。

詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

□ 当日現地払い (当日現金払いをご希望のお客様は、"代金引換"をご選択下さい。)

 

 


遭難対策技術講習

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

 ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

 

¥25,000 ( 税込 ¥ 27,500 ) 

【予約内容】  参加日  アクセス    

・カートに入っている商品を確認する。


この講習を受講頂いた方にオススメ!


山岳ロープワーク講習

ロープを使った安全確保技術の基礎を学ぶことができるカリキュラムです。

懸垂下降技術講習

どんな急峻な斜面でも安全に下ることができる懸垂下降を学ぶ為のカリキュラムです。

鎖場安全確保技術講習

高難度な鎖場も安全に通過することができる技術をお伝えしています。

山岳ナビゲーション講習

山岳遭難の一番の要因は道迷いです。ナビゲーション力を身に着けましょう。