ツェルト設営技術講習

安全登山の基礎中の基礎

【2500円】登山のワークショップ 2時間講習 ③

~ 概要 ~

 

登山を行う上で、特に気をつけなくては行けない大きな危険の一つに低体温症があります。

山岳遭難事故の多くは道迷い・転倒・滑落・雪崩埋没などに集約されますが、実際にはそれによって即死亡に繋がっている訳では無く、それらによって低体温症に至って無くなっているケースも多くあります。

 

生命維持3の法則というものがあります。

 

 ・3分間、心肺停止すると生命の危機に瀕する

 ・3時間、高温または低温に晒されると命の危機に瀕する

 ・3日間、水を得られないと命の危機に瀕する

 ・3週間、食料を得られないと命の危機に瀕する

 

登山においては、特に低温に注意が必要になります。
体温を奪われるのは、体が触れているものに熱を奪われる"伝達熱"、水分が乾く時に発生する"気化熱"、体から熱が勝手に出ていく"放射熱"、そして空気の対流があります。
風速1m毎に体感気温は1度下がります。真夏でも、吹きさらしの稜線などでは低体温症を引き起こすリスクは十分にあります。

 

 

.

トラブルにより日没までに下山できなかったり、急な天候不順により停滞を余儀なくされたような場合、山の中でビバークしなくてはならない場合もあります。


この様な時、まず地面に熱を奪われないように
バックパックなどで断熱すること、気化熱で体温が奪われないように乾いた衣服に着替えること、そして雨風を防ぎ、放射熱で体から出た温かい空気が滞留してしまわないように、体の周りを覆う空間を作ることがとても重要です。


ツェルトは、最低限の重量で、しっかりと体の周りを覆う事ができるシェルターです。
ツェルトを使いこなせるようになることは、安全登山を行う上でとても重要な技術となります。

しっかりと身につけておきましょう!

 


Kuri Adventures のツェルト設営技術講習では、ツェルト設営に加え、快適にビバークを耐え忍ぶための方法も併せてお伝えしています。内部加温を行い、低体温症を防ぐテクニックを併せて学んでおくことで、より実践的な技術として身につきます。

 

山の危険は完全に排除できるものではありませんが、あらゆる対策を講じて可能な限りそのリスクを排除することはできます。

その一つとして、万が一の時のビバーク技術として、ツェルトの設営方法を知っておく必要があるかと思います。

全ての登山者に学んで頂きたい、大切な技術です。

 

ご参加頂きます皆様の安全にお役立て願えればと願っております。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

 

~ 講習日時 ~

 

 2017年6月15日(木)

 20:00 ~ 22:00

 

 

~ 決行人数 ~

 

 最低決行人数   8名

 最大決行人数 16名

※ 遂行人数に達さない場合は中止となります。

 

 

~ 集合場所 ~

 

 JR山手線  原宿駅

 表参道口改札前

 

.


~ 用意するもの ~

 

 □ ツェルト

 □ ペグ(8本以上)

 □ トレッキングポール(お持ちでない方はお相談下さい)

 □ 3mm × 7m 程度のアクセサリーコード 2本

 □ ハサミ または ナイフ

 □ ライター

 □ シングルバーナー(お持ちの方のみ)

 □ ヘッドライト

 □ 歩きやすい靴

 

 

~ 天候 ~

 

 悪天予報時には中止にします。

 中止の場合、前夜連絡を行います。

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

 開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

 開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

 開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

 開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

 

 

~ お支払い方法 ~

 

 □ クレジットカード決済

 □ 銀行振込

 □ 当日現地払い (当日現金払いをご希望のお客様は、"メールによる確認連絡"をご選択下さい。)

 

 


ツェルト設営技術講習

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

 ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

¥2,500 (税別)

【予約内容】  参加日   予約人数