ブラックダイヤモンドのアイゼン "スティンガー " のカスタマイズ

 

 

スカルパ社の冬季登山靴 " モンブランGTX " と、ブラックダイヤモンド社のモノポイントアイゼン " スティンガー " のマッチングがより良くなる様にカスタマイズ。
爪先が細いモンブランGTXには、ブラックダイヤモンド社のアイゼンのフロントベイルが合いません。でもソールの反りとアイゼンの形状はブラックダイヤモンド社がベスト。
なのでフロントベイルをグリベル社のSPベイルに変更し、イマドキな流行りに乗ってユーロベイルも撤去。センターバーの変更も行い、ベストなセッティングを出しました♪


クライミングを伴う山行において、大いに活躍してくれるモノポイントアイゼン。

しかし愛用している冬季登山靴、スカルパ  モンブランGTX に合うモノポイントアイゼンがあまりありません。
足裏のフィット感からブラックダイヤモンドのスティンガーを選択しましたが、フロントベイルが大きすぎてどうしても左右にずれてしまいます。またアイゼンが内側に来すぎている点や、クライミング時のツメの角度など、見直したい点がいくつかありました。
そこでアイゼンをカスタマイズ!

 

トーインの強い モンブラン GTX の特性をより活かし、スタンスフィーリングがより良くなるようにセンターバーをアシンメトリーセンターバーに変更。これにより、フロントポイントがやや内側を向きます。

さらにアイゼン前側の左右を入れ替え、フロントポイントがほぼセンターから出る状態に変更。
遠くのスタンスに足を伸ばしても、セカンドポイントが干渉しにくくなります。

フロントベイルはグリベル社のSPベイルに変更。
ブラックダイヤモンド社2015年冬のアイゼンシリーズよりユーロベイルが省略されていることを受け、SPベイルからも取り外しちゃいました。
これで装着の際の手間がさらに減ります。
SPベイルに変更したことで、爪先左右のクリアランスは完全に無くなりました。左右にぶれないので、外れる心配はこれで無くなりました♪
これに伴い、ベルトも短く切り詰めています。

自分の山道具を、自分が使いやすいようにカスタマイズする。
こうすることで、その道具がより一層自分の体の一部のように仕事をしてくれるようになる。
今から冬が楽しみになります^^


 Facebookをされている方は、是非下のバナーの"いいね!"ボタンを押してください

登山に役立つブログの更新情報が、タイムライン上に表示されるようになります。
良質な情報発信を心がけますので、是非 "いいね!" して下さい。宜しくお願い致します!!