バリエーションルート実践山行

バリエーションルート入門講習でコンティニュアス・ビレイのやり方やギアの使い方は学んだ。けど、実際の登山で「いつどこで、どうやって使えばいいの?」と思いませんか?

 

地図を広げてみてください。今までは登山道のあるところしか見なかったのに、登山道のない尾根や谷ってまだまだたくさんあります。そこになぜ登山道がないのか?いったいそこはどんなふうになっているのか?行ってみたらひとけのない、探検的な登山ができることは想像に難くありません。そんな好奇心を満たすには、バリエーションルート入門講習の技術さえあればいいんです。そういう目で地図を見てみると、楽しそうなフィールドが見えるようになっていることに気づきます。それってつまり、あなたの登山の選択肢が大きく増えたってこと。バリエーションルート入門講習でロープ確保の技術を学んだのは、そこに気づいたからではないですか?

 

一般登山道ではない場所は、すべてバリエーションルートです。登山道としてトレースされないのは「落ちたらヤバい」というのが最も大きな理由です。登山中の事故原因で圧倒的に多いのが転滑落です。バリエーションルートではこのリスクが格段に高まりますが、ここで安全確保の手段を取れないなら、バリエーションルートに行くことは許されません。では危ないのなら、行くのをやめますか?いや、そういう場所に限って登り降りするのが面白かったりする。だから行きたい!ロープ確保をとる技術を自分で使えさえすれば、転滑落のリスクを回避しながら、バリエーションの登山を行うことができます。

 

では、どんな地形のところで、どのような安全確保をとれば良いのか?実際、こうしたリスク回避の判断は、地形と登山者の技量によって変わるため、正解というものはありません。バリエーションルート実践山行では、ロープ確保が必要な山域で、地図読みしながら、転滑落のリスクを徹底して回避する方法をとります。講師同行のもと、「コンテを組むならロープはどのくらいの長さを取れば良いか」「プロテクションはどうやってとるか」など、地形のリスクに合わせて運用していくので、学んだ技術を使えるスキルとして実践的に身に付けることができます。確保してもらうのではなく、自分で技術を使いながら登るので、何より実践登山自体が楽しい。きっと「こんな登山がやりたかった」と感じるはず。そして、ロープを扱うことで、登山の楽しみ方が大きく広がった感覚も得られるでしょう。

 

バリエーションルート入門講習の技術があるだけで「登山ってこんなにも可能性が広がるんだ」と実感します。講習で技術を学んだなら、ぜひ実践山行で使えるスキルにしてください。これで大きく広がった選択肢を楽しめるようになりますね。

 


阿弥陀岳南稜

 

八ヶ岳のバリエーションコースの入門である阿弥陀岳南稜。冬季バリエーションとして有名ですが、夏にも登られています。

登攀難易度は易しめのルートですが、長く急峻なルートを、ビバークギヤ一式背負って歩き、一切の補給ができない場所でのビバークを経験する行程となります。

登山者として大きく成長できる本格的な登山の第一歩におすすめです!

 



阿弥陀岳北稜

 

阿弥陀岳のバリエーションルートの一つである北稜にて実践山行を行います。

アルパインクライミング要素を持つ、マルチピッチでの登攀が求められます。決して難しいクライミングではありませんが、森林限界を超えた環境での登攀は迫力があります!!
装備はテン場にデポできるので、まずは登攀だけに集中して実践経験を得れます。

 



西丹沢 モロクボ沢

 

西丹沢に位置するモロクボ沢は、あまりに美しく透き通った水が特徴的な沢登りの入門的な一本です。30mのモロクボ大滝の水量と切り立った形状は迫力があり、丹沢の名爆の一つとして数えることができます。また大滝以降は表情を変え、癒しの多い沢となっています。沢登りの基本を学び、ステップアップの第一歩に最適です!

 



西丹沢 マスキ嵐沢

 

マスキ嵐沢は中川川大滝沢の支流で、短いなかにスラブとナメが連続する美しい沢です。水量は少ない物の次々と滝が現れ、快適な遡行が楽しめる。滝は全体的に緩い傾斜が多く登りやすそうにみえる。しかしホールドが小さくフリクションを聞かせて登る滝が出てくるので、足の使い方が重要。安全を確保しながら登るので初心者の方でも安心して登ることができます。沢登りの練習に最適の沢です!