北鎌尾根


いよいよ、北鎌行きます!

槍ヶ岳北鎌尾根、ここをトレースすることに憧れを抱く登山者はとても多いです。

「いつか行きたい!」あなたもそう思っていませんか?

 

なぜ北鎌尾根がこれほどまでに目標とされるのか、理由はいくつかあります。まず、何と言ってもその知名度の高さです。

北鎌といえば、「孤高の人」加藤文太郎や、死を覚悟した遺書「友を捨てるにしのびず」と書き残した松濤明が遭難したところ。このために登山史上忘れえぬ墓標となっています。そう聞くと、やや近づき難い印象を抱くかもしれません。

では、実際北鎌尾根をトレースするために何が必要で、どこが難しいのかを今から説明します。行こうかどうか迷っている方は、必ず読んでください。

 

最初に言っておきますが、この山行は実践経験を積むためのステップアップ講習であり、参加すれば安全確実に山頂へ連れて行ってもらえるガイドツアーではありません。講師は、メンバーであるあなたの経験不足から生じるリスクを最小限に抑え、自力で登ろうとするあなたの力を引き出す導き手に過ぎません。

 

北鎌尾根に行くときに最も必要とされるのは、ズバリ、体力です。登山の知識やロープワークの技術ももちろん必要ではありますが、リスク低減には実はそれほど影響しません。あなたの限界に近い体力を使うことを強いられるかもしれません。体力の余裕はメンタルの支えともなります。ゆえに完全トレースを我がものとするなら、情報を仕入れ、完登を見据え、自分の体力に見合った適切な装備を準備する必要があります。何を持っていくか、何を持っていかないか、どれほどの重さに抑えられるか、そうして装備を入念に検討することから実践山行は始まっています。

 

北鎌尾根で最も難しいのは、登攀ではなくルートファインディングです。初見でベストなラインを見出すのは非常に難しく、登山力とも言える経験が導きだす直感的な勘が必要になります。北鎌尾根での遭難の多くは、ルートどりの失敗によるものであると思われます。この山行では経験のある講師が最終的なルート判断を行いますが、ぜひ自分のルートファインディング・スキルがどれほどのものかを現場で試してみてください。ルートファインディングは、そのルートの弱点(通過しやすいポイント)を見つけ出すために行うもの。そこが登攀を強いられる場合もあれば、懸垂下降をしないと降りられない場合もあるかもしれません。弱点を突きながらも、優先的に対処すべきリスクに応じて、登山技術を駆使して進んで行く。これこそが難しいところであり、同時に面白いところでもあるのです。

稜線上の岩は脆く不安定で、平地と呼べる場所はほとんどありません。そんな一つのミスすら許されないヒリヒリする緊張感がここには溢れています。折れそうになる気持ちを奮い立たせ、進み、最後に大槍に登り抜ける瞬間の、全てが報われるあの感覚をぜひ味わってください。まさに日本のアルパインルートの醍醐味が、そこにあります。

 

北鎌尾根の実践山行は、登山技術のみならず、ペース配分やメンタル面など、あなたの足りないところを浮き彫りにすることでしょう。だからこそ、その課題を克服していければ、間違いなくあなたの登山の力量は大きく上がります。下山後に、あなたがこの北鎌尾根の山行で何を感じ、この体験がどれほど心揺さぶられたかを振り返ります。ここで出る言葉は、あなたが向かうべき道を自ずと指し示すものとなります。こうした実践での質の高い学びを積み重ねることで、やがて会心と言える登山を実現できる日がやってくるでしょう。

そう、北鎌が終わりじゃない。北鎌から始まるのです。この北鎌尾根に、この夏、ぜひあなたの物語を刻んでください。

 

 

~ 日程 ~

  

・2022年8月11日(木)〜14(日) 【締切 8/8(月) 19:00】

  

 

~ 参加条件 ~

 

◯ 十分なテント泊経験があること

◯ バックアップシステムを設けた懸垂下降技術を習得している事

◯ コースタイム程度で10時間以上歩ける歩ける体力を有する事

◯ 二泊三日以上の縦走登山経験を有する事

 

 

~ タイムスケジュール ~

 

1日目

05:30 沢渡第二駐車場ゲート前集合

06:30 上高地発

16:00 北鎌沢出合(泊)

 

2日目

05:30 北鎌沢出合出発

16:30 北鎌平(泊)

 

3日目

05:30  北鎌平出発

08:30  槍ヶ岳山頂

13:30  横尾(泊)※ 小屋泊を希望される方は、各自で事前予約おお願いします。

 

4日目

07:00  横尾出発

10:00  上高地下山

11:00  沢渡第二駐車場 解散

 

 

  ※ 渋滞などにより、スケジュールが遅れる場合も御座います。 

 

 

~ 集合場所 ~

 
集合場所は、マイカー利用で前夜発を前提に設定しています。沢渡第二駐車場ゲート前に指定時間までにお越しください。 公共交通機関ご利用の場合は別途ご相談ください。 

 

沢渡第二駐車場ゲート前  5:30 集合

 


 

 

~ 遂行人数 ~

 

最小遂行人数 2名

最大遂行人数 6名

 

 

~ 天候 ~

 

 

     悪天により山行を中止する場合、前夜にメールにて中止の連絡を行います。

     また、北鎌尾根の登攀は入山後の天候次第で中止、もしくは行程が変更となる場合があります。 

 

 
~ 用意するもの ~

      

        □ クライミングハーネス ( スポーツクライミングに対応した、レッグループ式ハーネス ) 

 クライミングヘルメット ( 購入から3年以内のもの )

 ビレイデバイス ルベルソなど、ダイレクトビレイに対応したビレイデバイス )

 セルフビレイコード ( ペツル コネクトアジャストメトリウス ダイナミックデイジーチェーン など、ダイナミックランヤードを推奨 )

□ サブゲート式HMS型安全環付きカラビナ × 2 ( エーデルリッド HMSストライクスライダーFGなど、ビレイデバイス、及びランヤード用 )

 変形D型安全環付きカラビナ × 3  ( フリクションコード用 1枚、コンテニュアスビレイ用 2枚 )

 6mm × 150cm アクセサリーコード (フリクションコードとして使用します )

 アッセンダー セルフジャミングプーリーを使用している場合は無くても可 )

 ビレイグローブ

 幕営装備一式( テントやツェルトなどのシェルター、寝袋、マット、調理器具など )

 登山装備一式( 雨具、防寒着、ヘッドライト、ポータブルバッテリー、ファーストエイドキットなど )

□ 水、食料 ( 水は 体重 × 行動時間 × 5 = 必要最低限の量 となります。この量より少し多めに携行してください。食料もなるべく軽量なものを多めに持ちます )

 

※ わからない場合ご相談下さい。  

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

 

 

~ 補償について ~

 

Kuri Adventures ではお客様の安全を再優先にしておりますが、山で100%の安全はお約束できません。
イベント中の事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。

詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

 

 

~ 保険について ~

 

実際に深い山の中に入っての実践を行う為、遭難事故発生時には遭難捜索、及び山岳救助が求められる場合があります。
遭難対策費用300万円以上の保険にご加入頂く他、傷害保険、生命保険などへのご加入も推奨致します。

  

 

~ ココヘリについて ~

 

実践山行では、万が一の滑落、行方不明、同行者や他の登山者を怪我させてしまった場合などに備え、ココヘリの加入を推奨しています。ココヘリとは位置発信システムを使用した遭難捜索サービスで、万が一行方不明になってしまった場合にもヘリコプターによる捜索を容易にしてくれます。また他者を死傷させてしまった場合の損害賠償責任補償、山行中に装備品を壊してしまった場合における装備補償なども含まれています。《 未加入の方はこちら!》

 

 

~ 現地交通機関料金、及び宿泊料金について ~

 

旅行業法の観点から、弊社でまとめて交通機関や宿泊施設への支払いが行えません。各自で現地にてお支払い頂くこととなります。コンプライアンス維持の為、ご理解のほど宜しくお願いします。

 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

 

 


北鎌尾根

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

  ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

 

¥ 60,000  ( 税込 ¥ 66,000 ) 

 参加日  アクセス   

・カートに入っている商品を確認する。