JMIA 日本登山インストラクターズ協会認定

登山インストラクター養成講座

.


 

インターネットの普及や様々な専門書など、現代では登山に関する情報が比較的簡単に手に入る時代になりました。そういった時代背景もあり、未組織登山者の比率は登山者人口の実に80%以上となります。

自由に誰でも自然を楽しめるようになったのはとても良い時代の変化ですが、山岳会などの組織登山離れが進む事で登山技術の伝承が疎かになってしまっているのもまた事実。現に知識や経験の不足が原因と思われる事故が相次いでいます。
現代社会に適合した、新しい時代の教育システムが求められています。

 

JMIA日本登山インストラクターズ協会は、登山者の教育を行うインストラクターの認定を行っている団体です。

確かな技術や経験を持つ指導者による登山技術指導により、登山技術を伝承し、未組織登山者にもしっかりとした登山技術を学習して頂く機会を設けて行くことが重要であると考えています。

登山インストラクターの行うべき社会的役割は、山の案内ではありません。

地図の読み方やテントの立て方、ロープによる安全確保の方法やピッケル、アイゼンの正しい使い方など、登山に関する技術指導こそが最大の役割となります。登山の案内を行う山岳ガイドなどと比べると、似て非なる役割を持っています。山に連れて行って欲しい方の案内ではなく、私たちは自分で山に行きたい方に向けた山岳技術指導のスペシャリストを志しています。

 

.

Kuri Adventures の登山インストラクター養成講座では、一年間を通じて高度な登山技術を学習、習得頂き、登山指導者として独り立ちできるカリキュラムを組んでおります。

特に安全確保技術とセルフレスキュー技術に関しては、プロフェッショナルとして必要な安全管理技術として徹底的に教育と訓練を行っていきます。

一部カリキュラムは一般講習では学習頂けない、登山インストラクター養成講座のみの特別講習となります。

この課程を修了し、Kuri Adventures からの承認を得て頂いた場合、JMIA日本登山インストラクターズ協会の理事会審査を経て、一般登山インストラクターとしてライセンス認定を受けることができます。(一般登山インストラクターライセンスは、登山道を歩く登山を想定した技術指導を行う事ができるライセンスとなります。)

 


登山インストラクター養成講座では、一年間の講習カリキュラムと共に、教育実習カリキュラムを大切にしています。

Kuri Adventures の実際の講習においてアシスタント講師として参加し、実際に一般公募のご参加者様に講習の場で技術指導して頂きます。また一般公募の実践山行におけるアシスタントでは、本隊に先行して支点構築などを行うことで登山者としての技術を実際の現場で鍛えることができます。
指導者やリーダーとしての能力は実践経験の積み重ねの中で活きた技術として身についていくもの。講習カリキュラムの参加と同じくらい、教育実習カリキュラムも大切です。何度ご参加頂いても料金は変わりませんので、是非積極的に参加し、自身の技術を高めましょう。

 

総合的な技術を学ぶことで高いレベルでの登山技術を習得できます。

登山インストラクターは職業登山者になる事を目的に取得するだけのライセンスではありません。 登山パーティーのリーダーや教育機関の講師、ボランティア団体の属する方など、登山技術を伝える指導的立場にある方全てが対象となる認定制度です。

登山技術指導を通じて社会に貢献していきたい方に取得して頂きたいと考えています。

一年間かけて本気で山を学びたい方のご参加をお待ちしております!!

 

 


登山インストラクター養成講座のカリキュラム


特別講習カリキュラム

登山インストラクター養成講座では、一般登山指導を行うプロとして通用する人を育成すべく、一般の講習カリキュラムよりもっと本格的な内容で行っています。
特に確保技術、救助技術、救急技術はパーティーメンバーの命を守るとても重要な技術。パーティーリーダーを担うに相応しい技術を身に着けます。


教育実習カリキュラム

Kuri Adventures の行う登山教室のアシスタントとして現場に入って頂き、実際にご参加頂いているご利用者様に登山技術の指導を行ってもらいます。
一年間何度でもご参加頂けるので、基本となる登山技術を確実に身につけることができます。この教育実習カリキュラムこそ、登山技術指導者として確実な成長をさせてくれます。


実践山行アシスタント

Kuri Adventures の行う山行企画にご参加頂き、現場アシスタントとして活躍してもらいます。登山インストラクター養成講座の講習カリキュラムで取得した高度な登山技術を活かし、現場における安全管理を行って頂きます。
実際に自然地形における支点構築や登攀の在り方などを現場指導受けることで、より制度の高い現場力が身につきます。



 

2021年度 第四期 登山インストラクター養成講座 年間スケジュール

 

第一班 週末クラス

 

4月4日 基礎技術講習 ( コンティニュアスビレイ技術、懸垂下降技術、登り返し技術 )

5月22日 プロテクション設置技術講習 ( カミングデバイス、ナッツ、ハーケンの設置技術と実践 )

6月5 マルチピッチクライミング講習 ( 支点構築技術講習、マルチピッチクライミングの実践 )

6月30 セルフレスキュー 講習 ( 応急救護のロールプレイング、及び背負搬送の実践 )

8月21-22 沢登り実践 ( ビバークを含む、沢登りの実践 )

9月25-26日 藪岩登山実践 ( ビバークを含む、困難な自然地ルートの登攀 )

10月24 クライアント安全確保技術講習 ( 一般登山において、プロとしてクライアントを確保する際の基礎技術の習得 )

11月3日 シングルロープフォローレスキュー ( 後続者の安全確保中に、落石などで意識消失した要救助者の救助 )

12月25-26 雪山登山技術講習 ( 初動停止技術、滑落停止技術、雪上確保技術、スノーシェルターの作製及び宿泊 )

1月15-16日 アイスクライミング技術講習 ( アイスクライミング基礎技術、リード技術、支点構築 )

2月13日 年間総復習勉強会 ( 卒業試験対策として、座学の復習、及び不明確に覚えてしまっている技術の再確認 )

3月21日 卒業検定 ( 検定前総復習会、座学試験、実技試験 )

3月23日 修了式( Kuri Adventures 新宿教室 )

 

第二班 平日クラス

 

4月7日 基礎技術講習 ( コンティニュアスビレイ技術、懸垂下降技術、登り返し技術 )

5月19日 プロテクション設置技術講習 ( カミングデバイス、ナッツ、ハーケンの設置技術と実践 )

6月2 マルチピッチクライミング講習 ( 支点構築技術講習、マルチピッチクライミングの実践 )

6月30 セルフレスキュー 講習 ( 応急救護のロールプレイング、及び背負搬送の実践 )

8月17-18 沢登り実践山行 ( ビバークを含む、沢登りの実践 )

9月14-15日 藪岩登山実践 ( ビバークを含む、困難な自然地ルートの登攀 )

10月20日 クライアント安全確保技術講習 ( 一般登山において、プロとしてクライアントを確保する際の基礎技術の習得 )

11月17日 シングルロープフォローレスキュー ( 後続者の安全確保中に、落石などで意識消失した要救助者の救助 )

12月21-22 雪山登山技術講習 ( 初動停止技術、滑落停止技術、雪上確保技術、スノーシェルターの作製及び宿泊 )

1月18-19日 アイスクライミング技術講習 ( アイスクライミング基礎技術、リード技術、支点構築 )

2月13日 年間総復習勉強会 ( 卒業試験対策として、座学の復習、及び不明確に覚えてしまっている技術の再確認 )

3月2日 卒業検定 ( 検定前総復習会、座学試験、実技試験 )

3月23日 修了式( Kuri Adventures 新宿教室 )

 

オンライン座学講習 ( 一班、二班 合同 )

 

3月16日 ガイダンス ( 一年間の流れ、卒業試験についてなどを説明します。 )

4月20日 確保理論 ( クライミングの物理、カラビナ・スリング・ロープの知識、確保技術の基本 )

5月11日 応急救護 ( セルフレスキュー、ファーストエイドの基礎的知識の学習 )

6月8日 登山の運動生理学 ( 登山における理想的な運動強度の在り方、エネルギー生産、摂取すべき栄養素と水分量など )

7月6日 山岳気象入門、レイヤリングの科学 ( 基本となる山岳気象の知識、登山の服飾に関する素材知識 )

8月21日 遭難事故の統計と分析 ( 遭難事故発生の現状を知ることで、事故防止に必要な考え方を身につける )

 

 

※ カリキュラム内容は変更する場合が御座います。

※ 原則として雨天決行ですが、中止となる場合にはレスキュー訓練を行う予定です。

※ 参加が難しい日がある場合、別班の同企画に日程変更も可能です。但し送迎車利用は該当班の方が優先となります。変更人数が多すぎる場合はお断りする場合もあります。

※ オンライン座学講習は、Zoom を使用して行います。参加できない場合、録画映像を視聴頂く事も可能です。質疑応答に答えられなくなるので、可能な限りご参加下さい。

※ 2020年度 第三期生 のスケジュール確認はこちらを御覧ください。

 

 

教育実習カリキュラム

 

Kuri Adventures で一般ご利用者様を対象に行っている講習、及び実践登山のアシスタントとして現場入りして頂きます。

講習の現場にて登山技術の指導を行う事でアウトプットが繰り返され、あやふやに覚えている知識を洗い出し、より精度の高い技術を身に着けて頂きます。また実際に指導経験を積むことで、指導者としての成長を促します。
実践登山の現場では、フォローとして中間支点の回収やリードのビレイ、一般ご利用者様の安全管理などの経験を積むことで、山行リーダーとしてのスキルを学習して頂きます。

講習指導、実践登山への参加は全参加者が最低2回以上行って頂きます。但し、上限は設けておりません。他の受講生の参加状態を加味しながら、何度でもご参加頂けます。教育実習経験を何度も行う事で、登山技術の指導者として必要な基礎となる能力を身に着けて頂きます。

登山インストラクター養成講座において、教育実習こそ最も価値あるカリキュラムであると感じています。実際の現場で未経験の方に対して山の技術をお伝えすることで、自分自身の中の不確かな部分が洗い出され、より正確に技術体得して行くことができます。これを繰り返すことで、指導者として確実に能力が高まっていっているのを感じます。

何度ご参加頂いても料金は変わりませんので、ご希望の方はどんどん積極的にお申し付け下さい。

 

 



 

 

.


募集要項


 

 

~ 講座受講料 ~

 

受講料:270,000円(税別) 

お支払い方法:銀行振込・クレジットカード決済

 

 

~ 講座期間 ~

 

2021年4月~2022年3月 【 締切 2021年2月15日(金)  19:00 】

 

 

~ 参加条件 ~

 

◯ 遭難対策費用300万円以上の保険に加入していること

◯ 基本的なコンパスの使い方、地形図の読み解きを理解していること

◯ コースタイムで歩くことができること

◯ リードクライミングのシステムを十分に理解していること

◯ インドアジムでのクライミンググレード 5.10a 以上

 

◯ 雪山登山の経験を有すること

◯ テント泊登山の経験を有すること

◯ 3年以上の登山経験を有すること

◯ 必要装備を用意できること

◯ Facebookアカウントを有すること ※ 連絡事項は Facebook Messenger を通じて行っております。)

 

 

 

 

 

~ 必要装備 ~

 

・クライミングハーネス ( スポーツクライミングに対応した、レッグループ式ハーネス )

・クライミングヘルメット ( 購入から3年以内のもの )

・ビレイデバイス ( ルベルソなど、ダイレクトビレイに対応したビレイデバイス )

・セルフビレイコード ( ペツル コネクトアジャストメトリウス ダイナミックPAS など、ダイナミックロープを使用したものを推奨 )

・240cm ナイロンスリング × 1 ( エーデルリッド テックウェブスリング を推奨。支点構築用 )

・120cm スリング ×4 エーデルリッド テックウェブスリング を推奨。中間支点用 )

・6mm × 150cm アクセサリーコード × 2本 (フリクションコードとして使用します )

・7mm × 7m アクセサリーコード( 補助ロープとして使います )

・シングルロープ50m以上( ベアール ジョーカーなど、9mm前後のものを推奨します )

・プーリー ( ペツル マイクロトラクションなど、セルフジャミングプーリーだと尚良い )

・アッセンダー ( セルフジャミングプーリーを使用している場合は無くても可 )

・サブゲート式HMS型安全環付きカラビナ × 2 ( エーデルリッド HMSストライクスライダーFGなど、ビレイデバイス用、及びセルフビレイコード用 )

・HMS型安全環付きカラビナ ( エーデルリッド HMSストライクスライダー を推奨。補助ロープ携行、及びビレイデバイスのバックアップ用 )
・変形D型安全環付きカラビナ × 6 ( エーデルリッド ピュアスライダー を推奨。自由に使える状態のもの 4枚、フリクションコード用 
)

・変形D型ワイヤーゲートカラビナ × 4 ( 中間支点用 )

・O型安全環付きカラビナ( プーリー用 )

・クイックドロー × 6~8 ( 小さめなものを推奨 )

・ビレイグローブ ( レザーのものを推奨 )

・ピッケル ( 雪山登山技術講習で使用。有料レンタル有り )

・ワンタッチ、またはセミワンタッチの前爪付きアイゼン ( これから購入する方は縦爪のものを推奨 )

・ビーコン、ショベル、プローブ ( 積雪期は常に必携とします )

・冬期登山用グローブ ( 中綿の無いオーバーグローブとウールのインナーグローブ二枚を推奨 ) 

・冬期登山靴 ( 必ず中綿の入った、前後コバ付きの靴をご用意下さい )

・沢靴 ( 沢登り未経験の方はフェルトタイプを推奨。有料レンタルあり )

・ビバークシェルター ( テントやツェルト、タープなど、横になって眠れるサイズのもの。テント泊時以外常に携行して下さい。 )

・ファーストエイドキット このリンク先を参考にご用意下さい。 )

・寝袋 ( 0度前後まで快適に眠れるものをご用意下さい。モンベル#2程度を推奨。原則として常に持ち歩きます。 )

・マット ( 原則として常に持ち歩きます。日帰りでも必ず半身をカバーできるマットを用意して下さい。 )

・調理器具

・バックパック ( 養成講座では45Lまでのバックパックに指定します。この範囲に収まるパッキングを身に着けましょう )

・その他、一般登山装備一式

 

 ※ わからない場合ご相談下さい。

 

 

~ 遂行人数 ~

 

最低遂行人数 8名 / 最大遂行人数 11名

 

 

~ 企画の中止 ~

 

最低遂行人数に達しない場合、全額返済の上、年間の全カリキュラムを中止とします。

原則として雨天時も決行します。ただし運営上リスクがあると考えられる悪天候時は企画変更とします。(原則返金はありませんが、当方の事情により企画が中止となった場合、一日講習10,000円、一泊講習20,000円 の返金を行います。)
 

 

~ キャンセルについて ~

 

2020年9月1日~10月31日まで:年間料金の30%

2020年11月1日~12月31まで:年間料金の50%

2021年1月1日~131まで:年間料金の80%

202121日以降年間料金の100%

 

 

~ 補償について ~

 

登山インストラクター養成講座は、登山に関する講習の指導者を育てる講習カリキュラムです。登山の安全管理を行う立場の技術を学習する上で、通常の講習よりも遥かに死亡、障害の残る受傷のリスクが高くなることを予め御理解の上ご参加下さい。
登山インストラクター養成講座受講中のあらゆる事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。基本的に Kuri Adventures における一般利用規約に準じます。
詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

但し、企画の中止に関する項目、キャンセルに関する項目、保証に関する項目、保険に関する項目は当ページの内容を優先致します。

 

 

~ 保険に付いて ~

 

登山インストラクター養成講座における保険は、各自でご入会頂いております。
遭難対策費用300万円以上の保険にご加入頂く他、傷害保険、生命保険などへのご加入も推奨致します。

 

 

~ 送迎車利用 ~

 

実践経験カリキュラムにおいて、新宿駅、現地最寄り駅からの送迎車が出ます。また現地までマイカーでご参加頂いても構いません。集合場所はどちらをご選択頂いた場合でも料金は変わりません。

講習の都度、集合予定地を確認致します。

  

 

~ 資格発行について ~

 

当カリキュラム終了後、JMIA 日本登山インストラクターズ協会への入会をもってライセンス発行となります。

入会には入会金 10,000円、年会費 12,000円 が必要となります。
また協会指定の山岳ガイド・スポーツインストラクター保険への加入が義務付けられています。予めご了承下さい。

 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

□ 銀行振込( 2/15 までにお振込み下さい)

※ この講習は年間カリキュラム型講習ですので、現金払いは承れません。クレジットカード、銀行振り込みのみとなります。

 

 


登山インストラクター養成講座 (2021.4~)

 

※ 年度途中からのご返金は一切承っておりません。御理解の上、ご参加下さい。

※ 予約を持って利用規約、及び当ページに記載の特例規約にご承認頂いたものとします。

※ お支払いは銀行振込、クレジットカード決済のみとなります。

※ 与信期限の関係で、養成講座に関しましては受注直後のクレジットカード決済処理を行います。

 

¥ 270,000 (税別)

【予約内容】 参加クラス    

・カートに入っている商品を確認する。


.