おすすめのビレイデバイス " EDELRID MEGA JUL " (エーデルリッド メガジュル)

 

 

ビレイデバイスはクライマーの命を守る最重要クライミングギアの1つです。
カラビナによるムンターヒッチの時代から、エイト環、ATCやルベルソなどの現代的なビレイデバイスを経て、最近ではブレーキアシスト機能のついたビレイデバイスも増えてきました。
グリグリなどに代表される自動補助ブレーキ機構付きビレイデバイスは大きく重いものが多かった印象ですが、近年では実にシンプルで軽量なビレイデバイスも一部ラインナップされてきています。

そんな中でも特におすすめなのが、エーデルリッドのメガジュルです。 


ページヘの "いいね!"、記事のシェアも是非お願いします!

登山情報の共有は、安全登山にきっと繋がります。


.

.

安全性最優先の最新ビレイデバイス!

 

 

クライミングや高難度な登山においてビレイデバイスの選択はとても重要です。

パートナーの墜落を止めたり、懸垂下降を行なったり、ロープを登り返したりと多岐にわたって使用します。クライマーにとって、ビレイデバイスは最も身近な道具のひとつです。

 

一般的なビレイデバイスは、摩擦によって抵抗を増やす事で制動を行います。このためビレイを行う手がロープから離れてしまうと、クライマーは墜落してしまいます。

そのリスクを低減させるためにグリグリやシンチなどに代表されるブレーキアシスト機能付きのビレイデバイスが流通して少し経ちますが、スポーツクライマーを除いてはあまり流通していなかったりします。その最大の要因は重量の重さ、そしてシングルロープでしか使用できない点にあります。

ところが近年、重量の軽い一般的なビレイデバイスにブレーキアシスト機能がついた商品がいくつか発売されました。
その中でも特に注目されるのが、エーデルリッド社のメガジュル。
これまでのブレーキアシスト機能付きのデバイスの様にどっかんとブレーキをかける感じではなく、僅かに自然な流れが起こるため、支点にかかる衝撃もマイルドなものになりました。重量も一般的なビレイデバイスと変わらず、しかもハーフロープシステムやツインロープシステムでも活用できる利点があります。

 

懸垂下降を行う場合、これまでのビレイデバイスでは手を離してしまうと墜落が起きてしまうので、フリクションノットによるバックアップシステムが必要でした。しかしメガジュルはグリグリなどと同じくブレーキがかかっているので、握り手とは別にブレーキレバーでのコントロールを行うのでうっかり手を離しても墜落が起きません。
これにより懸垂下降途中からの登り返しシステムの構築も楽になりました。

構造やアイデアは実にシンプルですが、とても安全性の高い優れたビレイデバイスだと思います。
今後はきっとこの様なビレイデバイスが増えてくるのでしょう ^_^

 


デバイスのボディにカラビナがはまり込む事でロープがロックされる仕組みになっています。


ロアダウンやリードビレイの送り出し時には、解除レバーを上に引き上げながら行います。



懸垂下降のブレーキ解除は、解除用の穴にカラビナを通してコントロールレバーにします。


セカンドビレイ時は取り付け方が通常のデバイスとはロープを通す向きが逆になりますので注意が必要です。



 

エーデルリッドのメガジュルと、細経ロープにも対応したマイクロジュルは、Kuri Adventures クライミングジムでも販売しております。またレンタル用のデバイスとしてもお貸し出ししております。
人気商品なので取り扱っている店舗さんも多いかとは思いますが、是非 Kuri Adventures クライミングジムにて実際に触り、使用感を確認した上でお求め願えれば幸いですw

個人的にも愛用していますが、もう他のデバイスには戻れないくらいの安心感でとても気に入っています。
特にこれからの時期、冬用グローブをしたままでの細経ロープのビレイは怖いもの…。
これならば安心感があります!
本当におすすめですよ ♪

 Facebookをされている方は、是非下のバナーの"いいね!"ボタンを押してください

登山に役立つブログの更新情報が、タイムライン上に表示されるようになります。
良質な情報発信を心がけますので、是非 "いいね!" して下さい。宜しくお願い致します!!

 

 

良質な登山情報をより多くの方にお伝えすることは、山の安全に繋がると信じています。

記事のシェアは下のボタンよりお願いします♪

ご協力、お願い致します!!

 


~ 無料相談受付中 ~


登山の無料相談を行っています。
ブログに関するご意見、ご質問、登山に関する疑問点など、なんでもお気軽にご相談下さい♪

メモ: * は入力必須項目です

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    小林 (水曜日, 15 1月 2020 18:59)

    こちらの動画再UP予定は無しですか?
    見ようと思って探したら無くなってて・・
    分かりやすい解説だったので再度見たかったです。