大ナゲシ北稜


 

低山バリエーション実践講習では次の3つを実践します。

 

・ロープ確保技術をリスクのあるルートで運用する

・地図読み、ルートファインディングなど自己判断で登山を行う

・仲間と共にゴールを共有して実現に向かって取り組む

 

また次のことを目的としています。

・学んだ技術を実践を通して使えるスキルとして身に付ける。

 

これらを実現できる最高の課題、それが「大ナゲシ北稜」です。

 

「大ナゲシ北稜」

この名を聞いただけでは食指は動かされないでしょう。かなり登山をやっている人でも「どこそれ?」なんて反応をすると思います。でも低山バリエーションをやるなら、このルートを知らないなんてもったいない!というくらいのルートなんです。

藪岩登山というスタイル、そのバイブルとも言えるのが「藪岩魂」。大ナゲシ北稜は、これに最難関とグレーディングされました。

多くの目に触れることもなく、標高が高いわけでもない山に、登山道のないところから登るという、かなり篤志家向きテイストです。大ナゲシ北稜の味わい深いところはルートファインディングの妙味。それに舌鼓を打つのが、このルートの最大の楽しみです。

 

入山地点からして樹林の急斜面。どこから北稜に上がれば良いのか悩みます。北稜上も、とても踏み入ろうとは思えない泥壁、藪。そこを潜り抜けても露岩や倒木が行く手を阻む。弱点を求めて右往左往。木の根や草付きを鷲掴み、灌木に縋って長い急登をこなしても、平らな場所なんて出てきません。気力体力が削られる中、山頂に到達しても木立の間から周辺の山々が見える程度。かように不遇な山頂にも関わらず、その景色になんと報われることか。この感覚こそ、低山バリエーションの魅力です。

そんな大ナゲシ北稜を登るためには、コンティニュアス&スタカットビレイと懸垂下降ができることが必須参加条件となります。地図読み、ルートファインディング、ビバーク技術など、総合的なスキルについては実践経験を積み重ねることで、向上を目指します。

 

講習ではイントラクターはルート案内も、戦略的指示もしません。本当に危険な場合の指導や技術の確認、指導に終止し、あくまでご参加頂く受講生の皆さんで自主的な登山を行って頂きます。
このルートの難しいところはルーファイと、避け難いリスクに対しどうやって安全確保を取るかの判断です。それを自分で実践するのがおもしろさであり、大きな学びともなります。もちろん参加者の技量はそれぞれでしょうが、各メンバーが北稜を完登するという共通のゴールに向かって可能な限り努力し、チームに積極的に貢献することで、誰にとっても価値ある山行を実現できるもの。インストラクターは必要不可欠なリスクカバーをしつつ、メンバーのサポートをするに過ぎません。

 

この大ナゲシ北稜実践山行、昨シーズンの記録を掲載します。

 

大ナゲシ北稜には登山道がありません。地形図を見てルート取りをチームで検討。ハタから見ると「道に迷っている人たち」みたいですが、決してそんなわけではありません。現在地を確認しながら、北稜に乗ります。北稜はまさに濃密な藪岩魂が炸裂するルートでした。この困難を共有したことで、パートナー、チームの仲間に対する思いの変化が現れ始めました。心が揺さぶられるような体験の共有は、同志意識をより強固なものにしてくれます。さらに、リスクを目の前にした実践を通してロープワークの技術的な習熟度は格段に深まってきました。そして自分の課題もはっきり見えてきたようです。

メンバーで、各々の足りない部分をカバーし合いながら持てる力を発揮して登れば、質の高い登山ができるようになるのです。今回もとても良い登山だったことは、下山した時のメンバーの充実感溢れる表情が物語っていました。

 

「大ナゲシ北稜実践山行に行きたい!」と思ったら、今すぐお申し込みを!

実践講習は企画内容上、少人数での募集となります。先着順となりますので、満席の場合はご容赦ください。

 

~ 日程 ~

  

・2022年10月29日(土)~30(日) 【締切 10/26(水) 19:00】

  

 

~ 参加条件 ~

 

◯ バックアップを設けた懸垂下降が行えること

◯ コンティニュアンスビレイを理解していること

◯スタカットビレイを理解していること

 

懸垂下降技術講習バリエーションルート入門講習を受講していることが望ましい

 

 

~ タイムスケジュール ~

 

 初日

 

07:00 新宿駅 新宿の目 集合

10:00 道の駅 上野 集合

11:00 入山

16:00 幕営地

 

 翌日

 

07:00 行動開始

12:00 山頂

16:00 下山

17:00 道の駅 上野 解散

20:00 新宿駅 新宿の目 解散

 

  ※ 渋滞などにより、スケジュールが遅れる場合も御座います。 

 

 

~ 集合場所 ~

 

集合場所は、以下の2ヶ所から選択できます。新宿駅に集合の方は、無料送迎を行います。マイカーでお越しの方は、お車で道の駅"上野"に指定時間までにお越し願えます様お願いします。

 

新宿駅 " 新宿の目 " 前  7:00 集合

 

新宿の目は、新宿駅西口B1Fより出て、ロータリーの右手。新宿スバルビルの地下部分にあります。

 

道の駅 上野 10:00 集合 

 

道路状況によって遅れが生じることがあります。予めご了承下さい。また集合時間に遅れる場合には、必ずご一報願えますようお願い致します。


 

 

~ 遂行人数 ~

 

最小遂行人数 3名

最大遂行人数 6名

 

 

~ 天候 ~

 

大雨時は中止します。小雨が降る可能性がある場合でも、決行する場合もあります。

中止の場合に限り、前夜にメールにて中止連絡を行います。

 

 
~ 用意するもの ~

 

□ クライミングハーネス ( レッグループ式ハーネス、ダイアパー式ハーネスのうち、ビレイループがあるものを選択してください。)

□ ヘルメット ( 購入から3年以内のもの )

□ ビレイデバイス ルベルソなど、ダイレクトビレイに対応したビレイデバイス )

□ 30m以上のダイナミックロープ (お持ちの方のみご用意ください。自分自身のロープを使って経験を積むことが望ましいです 。)

□ サブゲート式HMS型安全環付きカラビナ × 2 エーデルリッド HMSストライクFG など、サブゲートによる反転防止機構が付いたものを使用 )

□ 安全環付きカラビナ × 2

□ アッセンダー

□ セルフビレイコード ペツル コネクトアジャストメトリウス ダイナミックデイジーチェーン など、ダイナミックロープを使用したものを推奨 )

□ 中間支点用のスリングとカラビナ ( お持ちの方のみ。中間支点として必要な本数をご用意ください。 )

□ 6mm × 150cm のアクセサリーコード ( フリクションコードとして使用します )

□ ビレイグローブ (クライミング用のものを用意して下さい)

 幕営装備一式( テントやツェルトなどのシェルター、寝袋、マット、調理器具など )

 登山装備一式( 雨具、防寒着、ヘッドライト、ポータブルバッテリー、ファーストエイドキットなど )

□ 水、食料 ( 水は 体重 × 行動時間 × 5 = 必要最低限の量 となります。この量より少し多めに携行してください。食料もなるべく軽量なものを多めに持ちます )

 

 

~ キャンセルについて ~

 

このイベントのキャンセルには、キャンセル料が発生致します。

キャンセル料は以下の通りとなります。

 

開催日の30日前~15日前:利用料金の30%

開催日の14日前〜8日前:利用料金の50%

開催日の7日前〜3日前:利用料金の80%

開催日の2日前〜当日:利用料金の100%

 

※ 日程変更にも上記のキャンセル料が発生致します。

 

 

~ 補償について ~

 

Kuri Adventures ではお客様の安全を再優先にしておりますが、山で100%の安全はお約束できません。
イベント中の事故に関する負傷・死亡・物損に関し、全て自己責任となることを予めご了承下さい。

詳しくは " 利用規約 " を御覧下さい。 

 

 

~ 保険について ~

 

実際に深い山の中に入っての実践を行う為、遭難事故発生時には遭難捜索、及び山岳救助が求められる場合があります。
遭難対策費用300万円以上の保険にご加入頂く他、傷害保険、生命保険などへのご加入も推奨致します。

  

 

~ ココヘリについて ~

 

実践山行では、万が一の滑落、行方不明、同行者や他の登山者を怪我させてしまった場合などに備え、ココヘリの加入を推奨しています。ココヘリとは位置発信システムを使用した遭難捜索サービスで、万が一行方不明になってしまった場合にもヘリコプターによる捜索を容易にしてくれます。また他者を死傷させてしまった場合の損害賠償責任補償、山行中に装備品を壊してしまった場合における装備補償なども含まれています。《 未加入の方はこちら!》

 

 

~ お支払い方法 ~

 

□ クレジットカード決済

 

 


大ナゲシ北稜

 

※ 利用規約をお読み頂き、自己責任について十分に理解した上でご参加下さい。

  ご予約をもって、利用規約を理解したものとします。

 

¥ 30,000  ( 税込 ¥ 33,000 ) 

 参加日  アクセス   

・カートに入っている商品を確認する。